RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

酒器をマクる。

そんな動詞は無い 先の新政記事にもちょっと写ってましたが、酒器もお初モノです。 まずはこちら。 硝子の徳利です。口にかけてのグラデーションが綺麗な一品。 片口は着々と増えているのですが、そういえばそもそも酒器を愉しむ切っ掛けになった徳利は無い…

銀色に輝く

中二病 酷いタイトルですが、悪口ではありません。と言いますか、日本酒好きの方ならばこのタイトルで何の酒か分かるかも。 こちらです。 銀色フォイルに包まれた一本。新政、No.6 R-Type Essenceです。 このネーミングセンスよ。 中身はこちら。ワインっぽ…

マクロ撮影おまけ

偶然と些末 おまけということで、まずは偶然の一枚。 かなりチンチンの燗酒を入れたので、湯気なんかも写せないかなと試したものの一枚。 ですが、なんせピン幅が狭いので器に合わせると湯気は完全にボケて消えます。とはいえ湯気にピンを合わせるってのも無…

マクロ撮影 その2

三脚と深度合成編 さて、今度はキッチリ撮って、マクロのピン幅の様子を見ていきます。 三脚とリモートレリーズを使って、F2.8の開放です。被写体はピン幅が見やすいので、前回と同じ丸い注器。 ブレてない分、更にピンの幅が狭くなっているように見えますし…

マクロ撮影 その1

手持ち編 結論から言うと、手持ちで最短撮影距離を狙うならMFでフォーカスを最短にロックして、カメラを動かした方が撮りやすい。 と、結論から入りましたが、なめてました。 NOKTON F0.95開放の剃刀の様なピン合わせも手持ちでできていたので、マクロも出来…

マクロレンズ購入

久し振りの沼 一年半ほど前に手に入れた12-100 F4.0 proのあまりの汎用性の高さに、しばらく新たなレンズ購入の動機が無かったのですが、普段の酒写真でももう少し寄りたいな、などと思い始め、マクロレンズの購入に至りました。 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2…

いくらなんでも寒すぎる

ならば熱燗 実家付近では最近雪が降ったらしいので、甘えんなって話なのですが寒すぎます。 今日もちょっと買い物に出かけたのですが、道行く人々を見ても半そでからコート、ダウンベストを着てる方すらいました。私は半そででしたので失敗です。 そんな冷え…

夏の酒2018

一本目 先ほども書いた通り、この季節になると夏の酒です。 今年の一本目はこちら。 京都、白杉酒造のシラキク。純米生原酒です。 味は一言、Ice Breakerです。くしくも同じ京都ですね。 トロっとするほど味が濃くて、酸味が強い。香りは微かにフルーティ。 …

キンキンの

時機到来 お久しぶりの投稿です。そして変わらず酒です。 あっという間に梅雨だの台風だのの季節になってくると、ビールの飲み方もキンキンになります。 こちら 輝W7で、Kagayaki Wheet Seven。American IPAです。 風呂に入っている間にパイントを冷凍庫に入…

ウレタンフォームチップの

Tips N200のレビューなどを見ていると、耳の奥に入れ難いなんて話をちらほら。 耳の形とイヤホンハウジングの形が合って無ければしょうがないのですが、特にコンプライなどのウレタンフォームチップに交換した際に入れ難いのであれば、ちょっとコツがありま…

神奈川の酒

7蔵目かな 思いのほかたくさんある神奈川の酒蔵。丹沢山系の良い水があるというのも一因なのでしょう。 今夜はおそらく7蔵目の酒蔵さん。 金井酒造店の白笹鼓。特別純米酒です。 一口目の感想は、同じ神奈川の丹沢山に似てるかなというものだったのですが、…

ド定番オニツカ

スニーカー プライムフライデー並みにバカバカしい上意下達だと思っている、スニーカー通勤。その話はまたいつか書くとして、ウチにあったオニツカをメンテしてみました。 モノはオニツカ、Mexico 66。メンテ前後をまず。 メンテ前。 メンテ後。 うむ、違い…

このまま根付くか

Japanese GIN 日本製のジンと言えば、季の美とかROKU、カフェジンのようにジンとしては結構高級路線だったり、多少お手頃でもKOZUEの様に奇をてらったボタニカルを入れたモノが多い印象でした。 まずは日本産ジンの特徴を出すという意味ではありなのでしょう…

AKG N200 1週間使用

外ではどうでしょう 先週購入したAKG N200ですが、1週間、実際に通勤で使用した感想などを。 まず、チップですが、購入時の記事にも書いた通り、静かな環境では付属のシリコンチップが音場も広いし、低域から高域まで気持ちよく響きます。ですが、予想通り電…

ワインは保守的

と、夏のお話し 日本酒に関しては、見たことの無い、呑んだことの無い蔵の酒を見つけると積極的に挑戦するのですが、ことワインに関しては、一度好みのモノを見つけると、しばらく同じ作り手や地方のモノばっかり飲む傾向にあります。 今宵もこちら。 サヴォ…

酒屋のおかげで

上越押し 川崎駅ビルに出来た上信越の酒屋にちょくちょく寄りますので、今年はその地方の酒が多くなっています。酒どころとしては一番有名ですが、何故かあんまり手を出していない地方でしたので、ちょうど良し。 今宵はこちらです。 有りがたし。蔵はよしか…

カメラ点検完了

オリンパスオーナーズケアプラス E-M1 Mark II 専用メンテナンスパッケージ 使い始めて約1年経ったE-M1 Mark II ですが、専用メンテナンスパッケージを利用して、点検を実施しました。 今回はその流れなどをご紹介です。価格やセット内容などはHPをご参照で…

AKG N200 WIRELESS

AKGサウンド 電車通勤になってからBe6iは遮音性の低さで使えなくなり、フィッシャーのOMEGAを常用していたのですが、どうにも所謂シュアー掛けが鬱陶しい。 有線ではシュアー掛けでもなんも気にしなかったし、ケーブルのタッチノイズも無いので良いこと尽く…

カワサキノサケ

でも、知ってる酒 先日何となくローカルニュースを見ていると、川崎で地酒を復活させようというプロジェクトがあり、そのプロジェクトから生まれた酒が発売されたと知りました。 なにはともあれこちらです。 出穂と書いてしゅっすいです。 米は中野島産の楽…

呑み風景

全体像 酒も変わったところで。 段酒写真を撮る際には、余計なモノが写り込まないよう多少机上を整理しているのですが、実際はこういう感じなのです。 酒、酒器、板はいつもの通りですが、そこに、お茶、スマホ、メモ帳ってのがいつもの風景なのです。 酒の…

地酒なんだよね

コレも 前にも書いたかも知れませんが、地元の酒って子供のころからテレビのCMとかで流れてたりしますので、地酒ってイメージが無いのです。 その筆頭がこちら。 旭川の男山。純米生酒です。 ラベルは、旭川と言えば旭山動物園。そこのペンギンです。ジェン…

サンシャイン水族館 ラスト

コンパクトでも見どころ多し さて、サンシャインもラストです。まずは残りの外の生き物たちから。 横から見るペリカンってのは初めて。見れば見る程不思議な造形です。盛大に水があふれてます。 こんな顔で泳いでいるアシカを見た日にゃ、そりゃ和むってもん…

ワイン屋で買った

日本酒 帰宅途中、ちょっと呑みたいなと思ったモノの、家のストックが無くなってたなと思い出し、店を探していると、ワイン屋のヴィノスやまざきさんで日本酒を発見しました。 こちらです。 夜明け前の純米酒です。 前にも呑んだことがあるような気もするの…

意味が分からないよ、so-netさん

酔ってるからなのか? 以下、訳の分からない話が続きます。 時系列的に現象を書くとすれば、まず、5/8にso-netさんからv6プラスの提供を開始するので、現状IPoEを使っているユーザは順次v6プラスに移行しますというメールがありました。 で、今朝からインタ…

黒繋がりで

黒い酒 黒いブーツの後だからという訳では無いのですが、今日の日本酒は真っ黒です。 敢えて酒器も黒くしたので、何がなんだか分りません。 正解はこちら。 新潟、今代司酒造のブラック今代司、極辛口純米酒です。 現像時に色々調整して、なんとか読めるレベ…

ワークブーツ 9870 1700Km

敢えて濡らしていく 一時期は9875に100km程水をあけられていた9870ですが、気が付いたら追いついていました。 9870も1700Kmです。 もう、大きな変化は無いのですが、何となくクシャとした感が強くなってます。 更に、以前見られた金属的な輝きが復活していま…

こんな日和なのに

引き籠りなんて 晴天なのに湿度も低く涼しいという、外出にはまたとないお天気の一日だったのですが、宅急便を受け取ったり、送ったりする関係で一日中引き籠ることに。 悔しいので、ビールです。「ので」の因果関係はありません。 富士桜高原麦酒のラオホで…

サンシャイン水族館 閑話

おみやげ 普段ミュージアムショップによっても、よっぽど気に入ったモノが無ければ何も買わないのですが、今回はテンションが変だったので幾つか買ってしまいました。 まずは、サンシャイン限定、飼育員さんの監修の元で造られたケープペンギンぬいぐるみ。 …

サンシャイン水族館 その3

メインはやはりコレ サンシャインの見どころと言えば、こちらです。似たような構図の写真が多いのですが選びきれないのです。 天空のペンギンです。 マンションバックに泳いでいる姿がシュール。 マンションを見なかったことにすれば、横からのペンギン風景…

サンシャイン水族館 その2

基本ドヤ顔 そもそも今日はそんなに写真を撮る予定では無かったのです。撮るのはもちろん楽しいのですが、神経も使うので、癒され目的にはそぐわないかと。 ですが、結果を見ると800枚くらい撮ってました。 動物相手は一期一会ですからと自分に言い聞かせつ…