RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

静かな一日

〆る一杯 今朝というかもう日付が変わっているので、昨日の朝はとても静かでした。 雨音も風の音もせず、人の声も聞こえない。なんか不思議な感覚で目が覚め、結局そのままボヤーっと一日を過ごしました。 気付いたら夜も深くなって、どうせなら更にボンヤリ…

気持ちよく呑む酒

悪酔いもしないかも 先ほどのイヤホンが期待通りかどうかドキドキだったのですが、とりあえずはOKってことで、安堵の酒です。もちろん飲む言い訳です。 ではビールから。 LagunitasのSucks。 程よいHop味と苦み。後味ちょっとシトラス。特徴が無いと言えば悪…

色々あった一週間を締めるのは

やはり酒 今週、姪っ子が関東の大学を受験するってことで、押さえとしての部屋探しを手伝ってくれと兄に頼まれ、試験終わりの姪っ子と一緒に不動産屋をまわってきました。 家探し自体は自分も数えきれないほどやっているので、よっしゃオジサンの手腕でも見…

999.9 Four Nines

自爆の代償 酒自爆の話は簡単に言うと、家の数歩手前ですっ転んだだけなのですが、ここの因縁噺をしてもしょうがないので、失ったモノ、新たに手に入れたモノの話でも。 メガネです。 すっ転んで、顔面から着地し、メガネはバラバラ。あと色々負傷とか信用と…

謹慎明け

からの酒 1か月ほど前、呑み過ぎて盛大に自爆したことで、しばらく酒を控えていたのですが、そろそろ明けです。 久し振りの酒は美味い。でも反省はしている。でも美味いということでビールからご紹介。 横浜の某バーのバーテンダーさんがこれまで飲んだビー…

ラベル買い

意外にあたる 何千という日本酒の中から1本を選ぶ際に、メジャーだったり知ってる蔵であればそれを基準に購入するのですが、実はそういうケースは少なく、どちらかというと目を惹くラベルで選んだりしています。 これが、結構中身の味ともリンクしているモノ…

新しい器には

新しい酒を 何か同じようなタイトルの記事を書いた覚えもあるのですが、敢えて検索せずに。 先ほどご紹介した酒器を早速使ってみました。 今年のいずみ橋、とんぼ1号です。 片口も猪口もざっと洗って水に漬けてみたのですが、片口の水の吸うことったらないね…

酒器初め

1月中はね なんでも初って付けときゃいんですよ。と雑な始まりですが、2019年初の酒器購入です。 こちら。 意匠の全く違う片口と猪口です。 まずは片口からご紹介。 岩石オープンって感じなワイルド感。 作者は芳賀龍一さんという、若い作家さんです。 口元…

2019贅沢初め

そして終わり 今年は緊縮財政を目標にしていますので、贅沢は正月のうちに、というわけでも無いのですが、せっかくの年初めなのでちょっと奮発です。 アルベールモローのボーヌ、トゥサンの1979年です。ちょうと40年でキレが良いのと、行き付けのバーテンダ…

2019呑み初め

今年は愉しく 昨年は体調管理の不行き届きもあり、イマイチ酒との相性の悪い年だったのですが、今年はそんな体の老化も含めて愉しい酒にしたいなと。 なんてことを年初だけは願いつつ、今年初の酒はこちら。 宮城、勝山酒造の勝山縁です。 そういや勝山って…

ひと仕事が終わった後は

飲むよね というか、飲むためにひと仕事をすると言っても過言ではない。 などとくだらんことを宣言しつつ、今日の一杯目はこちらから。 コロラドのオスカーブルース。グナイトです。何故冷蔵庫に入っていたのか全く記憶に無い一缶。 Imperial red aleという…

グンジョウイロ

キレイ ふと思い出したこのCM、このフレーズ。アンディ・ウォーホルですね。 切っ掛けはこちら。 桜尾のハマゴウボトルがキレイなのです。グラスも庵治石の微妙な青色グラス。 以前から贔屓にしている桜尾ですが、たまたま見つけたハマゴウ。正直ハマゴウが…

さかのぼる

11月 気付いたら11月も終わり。そして全く記事を挙げていない。 これじゃ日記の意味もなさんということで、せめて飲んだ酒くらいは記録しておきましょう。 時系列的には今から戻っていきます。 今回は今日の酒から。 毎年お馴染み、仙禽、雪だるまです。 い…

他人のせいにはしないが

失敗した 慣れた動作のはずなのですが、初めて失敗しました。 折れたコルクがプッカプカ。 20年モノのモレサンドニですが、ボトルで20年置いてあった訳ではないはず。なので、コルクもボロボロでは無かったのですが、スクリューをちょっと入れた瞬間に玄関で…

日記にすらなっていない

10月 もうすぐ10月も終わりますが、改めて見直すと今月の記事は3つだけ。しかも疲れただの風邪が治らないだの、何かネガティブ。 いや、実際ネガティブな一月ではあったし、未だに風邪は治らないし、だからこそブログをアップする気力も無かったわけなんです…

ジンとトニックだが

ジントニックでは無い 四半期続いたストレスフルなお仕事もひと段落。今度は気のせいじゃない。とある応札だったのですが、技術者として出来ることはここまで、後は色んな思惑が絡んで受注できるかどうかは神のみぞ知るです。 そんな、連休中日はやはり飲み…

ひと仕事終わったと

思い込む 終わってないんですけどね。が、イベントを一つクリアしましたので、本日は夕方酒。 日本酒を呑むのも久しぶりの様な。やはり落ち着きます。 そんな今日の一本はこちら。 茅ケ崎の酒、天青吟望、秋滓絡みです。 ひやおろしの定義はもう分からなくな…

ご紹介ラストは

地元愛 さて、連休にかけてご紹介してきたGINSTR。ラストとなる今夜は冷凍庫に入れたキンキンのショットを飲みながら地元愛についてのお話です。 ちなみに、キンキンに凍らすとハーブの香りが強くなるようです。私的には常温ショットの方が好きですね。 では…

本領発揮の

ジントニック 昨日に続いてGINSTRのお話を。トニックとお値段の話です。 家に届いて、ちょっと味見をした際にもフレッシュかつ丁寧な造りで美味しかったのですが、やはり本領はトニック。 早速バーに持ち込んで作ってもらいました。 写真に撮るのを忘れて少…

GINSTR

到着! 8月半ばにニュースサイトで小さく取り上げられていた、ジンの記事を目ざとく見つけて購入したモノが本日到着しました。 ドイツ、シュツットガルトドライ・ジン、GINSTRです。 World Spirits Award 2018で金賞を受賞し、更に2018 International Wine an…

酒と家事の日々

酒編 タイトル通り、ブログの内容が酒と家事と時々イヤホンに偏ってますが、ま、実際そういう生活なので、日記がそうなるのもむべなるかな。 今宵の酒はこちら。 千代むすびの強力。超おおにごりです。 超に加えておおにごりというだけあって、ものすごいに…

歴史を愉しむ一本

10000年前から 久し振りにビールから始まりましたので、お次も久しぶりとなるワインでも。 本日はこちら。 マカシヴィリのムツヴァネです。 最近見かけるようになったグルジア(ジョージア)ワイン。ワイン発祥の地とも言われていて、紀元前8000年、つまり今か…

ビールが美味い季節

ようやくか 本当にしばらくぶりのビール記事です。 今年の夏の暑さからすると、さぞやビールが進んだと思われるかも知れませんが、暑すぎても飲まないものですね。実際売上的に消費量も減ってしまったようですし。 本日はこちら。 Sierra NevadaのHop Bullet…

酒は楽しく、美味しくと

改めて思う 最近仕事がらみの酒が多かったせいか、酒のあてが愚痴だったり金の話だったりと、ありがちではあるものの、あまり健全ではありませんでした。 そういうのはweekdayに済ませて、weekendは美味しく楽しむのですと改めて思った次第。 本日はこちら。…

戦う一週間の始まり

ふさわしく 戦うと言えばこちら。 ま、後付けの理由なんですけどね。Fighting cock NV 103proofです。以前は6年表記がありましたが今はNVです。 じゃあなんでこれを飲んでるかというと、お手頃だから。 101proof以上でお手頃かつ美味いバーボンというと、こ…

いつでも咲いてる気がする

百日紅 そしていつでも呑んでる私 今日は夏と言えばIce Breakerが少し残っていたので空け。 中川村のたま子をゆっくり呑んでおります。このオタマの形だと初夏ですかね。 淡麗、辛くて苦い。故にサッパリ美味い。 酒米は偶然前回の常山と同じ美山錦。ですが…

フルーツ感と

古い記憶 4か月ぶりくらいに床屋に行き、視界もスッキリしたところでこちらを頂きます。 福井は常山酒造のほたるです。 柔らかい酸味、梨っぽいイメージ。重すぎない味わいが夏に合います。 酒米は美山錦。 さて柔らかい酸味ってところで、関係ない味の記憶…

一目惚れとじっくり惚れ

そんな言葉は知らんが 例えば前回ご紹介した酒器は完全に一目惚れで、色が好みとか形が好みとか理由も簡単に付けられるのですが、中にはじっくり見ているうちにジワジワと好きになって、どこがと問われても難しいのですがお買い上げ、なんてこともあるのです…

お盆休みの

一杯 本日は盆休みということで、ちょっと買い物等外出していたのですが、どうにも天気が怪しく、急いで帰って間一髪ゲリラ豪雨を免れました。 と、日記らしいことを書いておいて、今日の一杯はこちら。 八海山の特別純米原酒です。 味は偶然にも前回呑んだ…

橋村大作×西山芳浩

涼を奏でる二人展 先ほどの酒写真にもちらっと写っていましたが、酒器が増えました。 こちら。 8/11まで代々木上原のSIEBENさんで開催されている、橋村大作×西山芳浩、涼を奏でる二人展での購入です。 お二人の器は好みで、個別の展示には行っており、これま…