RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

夏には白磁

爽やかに マキタの話を熱く語るのは何時かの機会にして、今日のメイン酒のご紹介。 山形、東光の冽です。 清くつめたきことと書かれている通りの味わい。水の美味しさとミネラル感、少し喉に刺さるような刺激があります。 開封すると酸味も立ってきますが、…

忙中閑有り

閑は作るモノ このクソ暑い中で、効率よく仕事をこなすためには、積極的に休養を取る必要があるのです。 という前置きを供えておいて今日はこちらから。 毎年お馴染み、いづみ橋の夏ヤゴ、にごり酒です。 大き目のグラスに注いで呑むのが定番ですが、今年の…

今夜はジンバック

もどき 忙しいと言いつつ飲む毎日。今夜はジンバックもどきです。 ジンとジンジャーエールですがレモンを入れていないのでもどきです。 実のところバーでジントニックやジンバックを頼む際にも、ライムやレモンの果汁を絞るとそっちの味が強くなりすぎるので…

呑める時に呑んでおく

義務です もちろんそんな義務はありません。 私の仕事は特に決まった時期に忙しくなるわけではないのですが、何故か毎年この7月中旬からお盆の時期に掛けて特異点的に忙しくなります。偶然なんですけど。 そんな中でも、合間を見つけて呑む酒が美味い。ちょ…

忘れちゃいけない

恒例マクロ いや、忘れていたわけでは無く、先ほどの透明な液体とガラス器ではうまく撮れなかったのです。 ならば色が変わったところで一枚。 ちょっとだけ残っていたターキー。 吹きガラスの微妙な歪みと水滴の表情が面白い一枚になりました。 てことで で…

これもジン

なのか? 以前、桜尾ジンをご紹介しましたが、本日もJapanese Ginなのか? 不二才や晴耕雨読といった焼酎でお馴染み、佐多宗二商店のAKAYANE CRAFT SPIRITS ジュニパーベリーです。 このCRAFT SPIRITSの特徴はボタニカルを一種類だけ使うというところで、こ…

夏風邪は

しつこい お久しぶりです。タイトル通り、夏風邪にやられておりました。 喉の痛みから始まり、風邪の全体症状が出て、直ぐに痛みは引いたのですが、咳とだるさがしつこく残っていたのです。なので、酒もたばこも控えていたのですが、限界です。 もう治ったこ…

マクロは万能

地味だけどね 今日の酒から始めますが、使うたびにマクロレンズは万能だと思い知らされます。 どんな距離でも撮れますので、スナップでも物撮りでも何でも行けるのです。 蒸し蒸してますので、夏っぽい酒を。瓶の色も爽やかな妙高山、Cool Diamondです。 で…

撮りたかった器

筆頭 マクロで花なんかを撮るのも楽しいのですが、一番取って見たかったのがこの器です。 橋村大作さんのクラック。 今日は片口も杯もクラック、かつ自然光で撮れますので、何枚か撮ってみました。 キャプションは少な目で行きます。 アンバーの片口。 口元…

白い

白すぎる 先ほどはあまり見たくない黒いモノのお話しでしたので、今度は美味くて白いモノを。 こちらです。 日本酒なんですが、ラベルが白すぎて何がなんだか分からない。微妙に見えますけど。 以前真っ黒で全く見えないラベルをご紹介したことがありますが…

カビとの闘いの日々

ジンを飲みながら 昨日ちょっとだけ触れた洗濯機のカビですが、何となく取り切れていない気がしましたので、本日リベンジです。 本日使用したのはこちら。 先日は即効性を期待してアリエールの酵素系、漬け置き無しの洗浄剤を使ったのですが、イマイチの効果…

今日は半ドン

ゆっくり呑むか 午前中で仕事を終え、今日はゆっくり呑むかと思いきや、洗濯機にカビが出て、その対応で午後を使ってしまいました。 まだ、完全には取り切れていないのですが、とりあえずはこの辺で一杯。 栃木の朝日榮。試験醸造です。 吞口は淡麗、後味は…

酒器をマクる。

そんな動詞は無い 先の新政記事にもちょっと写ってましたが、酒器もお初モノです。 まずはこちら。 硝子の徳利です。口にかけてのグラデーションが綺麗な一品。 片口は着々と増えているのですが、そういえばそもそも酒器を愉しむ切っ掛けになった徳利は無い…

銀色に輝く

中二病 酷いタイトルですが、悪口ではありません。と言いますか、日本酒好きの方ならばこのタイトルで何の酒か分かるかも。 こちらです。 銀色フォイルに包まれた一本。新政、No.6 R-Type Essenceです。 このネーミングセンスよ。 中身はこちら。ワインっぽ…

いくらなんでも寒すぎる

ならば熱燗 実家付近では最近雪が降ったらしいので、甘えんなって話なのですが寒すぎます。 今日もちょっと買い物に出かけたのですが、道行く人々を見ても半そでからコート、ダウンベストを着てる方すらいました。私は半そででしたので失敗です。 そんな冷え…

夏の酒2018

一本目 先ほども書いた通り、この季節になると夏の酒です。 今年の一本目はこちら。 京都、白杉酒造のシラキク。純米生原酒です。 味は一言、Ice Breakerです。くしくも同じ京都ですね。 トロっとするほど味が濃くて、酸味が強い。香りは微かにフルーティ。 …

キンキンの

時機到来 お久しぶりの投稿です。そして変わらず酒です。 あっという間に梅雨だの台風だのの季節になってくると、ビールの飲み方もキンキンになります。 こちら 輝W7で、Kagayaki Wheet Seven。American IPAです。 風呂に入っている間にパイントを冷凍庫に入…

神奈川の酒

7蔵目かな 思いのほかたくさんある神奈川の酒蔵。丹沢山系の良い水があるというのも一因なのでしょう。 今夜はおそらく7蔵目の酒蔵さん。 金井酒造店の白笹鼓。特別純米酒です。 一口目の感想は、同じ神奈川の丹沢山に似てるかなというものだったのですが、…

このまま根付くか

Japanese GIN 日本製のジンと言えば、季の美とかROKU、カフェジンのようにジンとしては結構高級路線だったり、多少お手頃でもKOZUEの様に奇をてらったボタニカルを入れたモノが多い印象でした。 まずは日本産ジンの特徴を出すという意味ではありなのでしょう…

ワインは保守的

と、夏のお話し 日本酒に関しては、見たことの無い、呑んだことの無い蔵の酒を見つけると積極的に挑戦するのですが、ことワインに関しては、一度好みのモノを見つけると、しばらく同じ作り手や地方のモノばっかり飲む傾向にあります。 今宵もこちら。 サヴォ…

酒屋のおかげで

上越押し 川崎駅ビルに出来た上信越の酒屋にちょくちょく寄りますので、今年はその地方の酒が多くなっています。酒どころとしては一番有名ですが、何故かあんまり手を出していない地方でしたので、ちょうど良し。 今宵はこちらです。 有りがたし。蔵はよしか…

カワサキノサケ

でも、知ってる酒 先日何となくローカルニュースを見ていると、川崎で地酒を復活させようというプロジェクトがあり、そのプロジェクトから生まれた酒が発売されたと知りました。 なにはともあれこちらです。 出穂と書いてしゅっすいです。 米は中野島産の楽…

呑み風景

全体像 酒も変わったところで。 段酒写真を撮る際には、余計なモノが写り込まないよう多少机上を整理しているのですが、実際はこういう感じなのです。 酒、酒器、板はいつもの通りですが、そこに、お茶、スマホ、メモ帳ってのがいつもの風景なのです。 酒の…

地酒なんだよね

コレも 前にも書いたかも知れませんが、地元の酒って子供のころからテレビのCMとかで流れてたりしますので、地酒ってイメージが無いのです。 その筆頭がこちら。 旭川の男山。純米生酒です。 ラベルは、旭川と言えば旭山動物園。そこのペンギンです。ジェン…

ワイン屋で買った

日本酒 帰宅途中、ちょっと呑みたいなと思ったモノの、家のストックが無くなってたなと思い出し、店を探していると、ワイン屋のヴィノスやまざきさんで日本酒を発見しました。 こちらです。 夜明け前の純米酒です。 前にも呑んだことがあるような気もするの…

黒繋がりで

黒い酒 黒いブーツの後だからという訳では無いのですが、今日の日本酒は真っ黒です。 敢えて酒器も黒くしたので、何がなんだか分りません。 正解はこちら。 新潟、今代司酒造のブラック今代司、極辛口純米酒です。 現像時に色々調整して、なんとか読めるレベ…

こんな日和なのに

引き籠りなんて 晴天なのに湿度も低く涼しいという、外出にはまたとないお天気の一日だったのですが、宅急便を受け取ったり、送ったりする関係で一日中引き籠ることに。 悔しいので、ビールです。「ので」の因果関係はありません。 富士桜高原麦酒のラオホで…

アレな酒

少しづつ核心へ 先ほどのビールといづみ橋の間に呑んでいたアレな日本酒がこちらです。 すいません。間違えました。というお約束のボケをしておいてこちら。 獺祭。磨き二割三分です。 もう説明の必要もない酒ですが、呑むのは久しぶり。家で呑むのは初めて…

今夜のお相手

ラストかな 相変わらず時系列バラバラですが、今夜ゆっくり付き合うお相手はこちらです。 いづみ橋とんぼ10号です。 この直前に呑んだ日本酒がアレだったので、ものすごく硬く、苦みがあってスッキリ。 アレのお話しはこの次になる予定。 グラスにガスの気泡…

時系列はバラバラ

まずはビールから 本日はお休みということで、所用を済ませた後は明るいうちからビールです。 秋田のなまはげIPAです。 キィウィIPAとも呼んでいるようで、NZ産のHopを使用した一本。 香りはフルーティで、Hopの苦みも強いという、私の好きなNZビールの特徴…