読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

北海道紀行 その3

雑記 カメラ
思い出が劣化した?

基本的に思い出なんてのは美化されるものなんでしょうが、今回実家の回りを歩いてみると、あれ、こんなに綺麗なとこだったっけな?と、逆に思い出の方が劣化していたようです。

f:id:RYEMASH:20160718232023j:plain

まずは真っすぐ過ぎる道路。

この道は、私が高校生の頃には無かった道なので、思いで補正はありません。しかし、向こうの山にぶつかるまで真っすぐな道ってのは北海道らしいです。

更に、道のど真ん中に立って撮影できるところがらしいですね。

f:id:RYEMASH:20160718232400j:plain

こちらは北海道ならではの標識。

冬季はどこまでが道か分らなくなりますので、ここまでが道ですよという矢印です。

f:id:RYEMASH:20160718232708j:plain

更に交差点アリの標識。

確かにこんな道だと交差点があるのかどうかも分らなくなります。

f:id:RYEMASH:20160718233043j:plain

実家から10分くらい歩くとこんな風景です。

富良野とか美瑛じゃなくても、こんな風景がそこら中にあるのが北海道です。

f:id:RYEMASH:20160718233346j:plain

ネギ畑。

f:id:RYEMASH:20160718233456j:plain

なんか抜けた風景です。遠くに見えるのが一応市街地なのです。

f:id:RYEMASH:20160718233624j:plain

大体同じ地点からグルグル回って撮影してるのですが、こんな風景だったなんて気づきもしませんでした。住んでいる頃には。

いや、同じものを見ていても感覚が変わったのかもしれません。

f:id:RYEMASH:20160718233904j:plain

一番驚いたのはこの川。

子供のころにはとにかく汚い川で、魚を取るのはもちろん、川に入ってもダメなんて言われていたのですが、今ではすっかり清流です。

護岸もコンクリートが丸見えだったはずなのに。

昔の地方都市は産業中心で動いていたので、川なんかも産廃垂れ流しだったのですが、今の基準で規制されてこうなったのでしょう。

それが地方産業衰退とつながってるのかなと思うと、微妙な気持ちではありますが。

f:id:RYEMASH:20160718234459j:plain

いや、ほんとにこんな自然は無かったよ。

今はサケも上がってくるのかな。

てことで、実家再発見です。

ではでは