読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

撮ったら直ぐ書かんと忘れる

ビール編

少しづつ回復してきたので、ブログ再開です。

まずは、いつものように酒なんですが、酒写真は溜めてしまうと味を忘れてしまいます。やはり、撮って出し、もとい、撮って書きをしないとダメですね。

f:id:RYEMASH:20161206191152j:plain

まずは、日本代表地ビールの一つ、COEDOの伽羅。COEDOの中でも主力製品なだけあって、さすがの美味さ。色も綺麗ですね。

他のビールと比べるのは無粋ではありますが、以前飲んだFUTAKO BEERのIPLはまだココには達していないなぁという感想です。伸びしろアリとして、世田谷頑張れと言いたいところですが、そもそもFUTAKO BEERの醸造は世田谷なんだろうかという謎が。

最近経堂に後藤醸造さんてのが出来て、世田谷初のBrewery目指しているということらしいので、よくわからなくなりました。HOPなんかは世田谷栽培のようですが。

続いて。

f:id:RYEMASH:20161206192525j:plain

CAP BreweryのGreat White Hype IPA

まず強めの酸味を感じます。その後柑橘系の苦みが来るのですが、これも皮の苦みでは無く、グレープフルーツの苦い実のやつ。IPAの中でもゴクゴク系です。

CAP Breweryは以前Endless vacationってのを飲んだのですが、共通するのは泡立ちの良さ。Aleだと油断して注ぐとグラスが泡だらけになります。

さ、次は今日の一杯目。

f:id:RYEMASH:20161206193357j:plain

これは、怪我の功名?違うな、知らぬが仏?これも違うな。いや、予想と全く違う味で当たりだったのです。

この地元BRIMMER BREWINGのビールは美味いんだけども、突出した個性は無いなという印象。かつ、私の知識不足でCalifornia commonという名前と瓶の外から見える液色で、なんか西海岸系の軽いビールかなと思って飲んだのです。面倒なので、グラスも冷さずに。写真を撮る気も無しに。

でも、これが当たりでした。

まず、液色が濃い。この時点でオッと思ったのですが、飲んでみるとスコッチエール的なトーストやカラメル感。グラスを冷やさないでよかった。

で、急に写真を撮ったので、飲みかけの液面は写らないようにしてみました。

後で調べると、コモンビールってのは、ラガー酵母をエールの様に高温で発酵するというモノなんですね。スチームビールとも言うそうで、アンカースチームが有名らしいです。うん、これは秋冬のビールにピッタリ。

一杯目がこういう懐の深い味でしたので、二杯目はThe IPAって感じでこちら。

f:id:RYEMASH:20161206195348j:plain

タイニーレベルのハドウケン。

Amplified IPAってことで、苦みを構えて飲んでみたのですが、ちょっと濁ったオレンジ色の液色の通り、酸味を感じるさっぱりしたIPA。先ほどのCAPを更に濃くした感じでしょうか。

そういや、以前同じタイニーレベルのCaliを飲んだ時も同じような感想を書いてますね。

てことで、溜まったビール写真を処理してみました。やはり撮って書きしないと、忘れるし長くなるし、良いことないですね。

ではでは