読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

地元びいき

地元じゃないけど

あれ、この始まりは前にも書いたような。ま、日本酒のお話です。

この時期は面白い酒が出回るのですが、地域限定系が多いので自然と地元の酒が多くなるのです。

最近あんまり酒を上げていなかったのですが、その中で神奈川酒を抜き出してみましょう。

f:id:RYEMASH:20161210202029j:plain

まずは。いずみ橋。楽風舞の新酒。

少し前に吞んだのですが、印象は作物の味。田んぼの味。これは今のいずみ橋に共通してる気がします。

f:id:RYEMASH:20161210204007j:plain

続いて天青。酒未来は十四代酒米ですね。

味は、甘くてスッキリ。

f:id:RYEMASH:20161210203552j:plain

こちらは丹沢山の秀峰。

地味と言えば地味な味なんですが、じっくり飲んで美味い味です。

f:id:RYEMASH:20161210203817j:plain

スペックも地味というか、分らん。

そしてメインはこちら。

f:id:RYEMASH:20161210204432j:plain

先ほどの丹沢山の樽酒。

今日の買い物はこちらでした。量り売りですので、瓶を持って買ってきました。

吉野杉の香りが乗って、まさに樽酒と言いたいところですが、所謂樽酒的な柔らかさは無く、かなりキリッとした味です。

なので、冷でもいけます。というか、今日のところは冷で吞んでます。

このままでも美味いですし、瓶内で味が柔らくなるのも面白いし、もう少し樽の中にあっても良さそう。って、こう書くと何でも良いということになりますね。

てことで、仮地元の酒紹介でした。

ではでは