RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

家呑み on 渋い

あ!無意味!

この10数年ほど家呑みはしていませんでした。

理由は、家で飲むと財布的リミッタが無いので、飲み過ぎで訳分からなくなるからだったのですが、結局外で飲んでも同じじゃんと。しかも、飲みすぎるどころか、物失くすじゃねえかと。

で、無意味だなって事で、家呑みを十数年ぶりに復活。

酒器も色々あるしね。

ってことでこちら。

f:id:RYEMASH:20150223213111j:plain

近所の酒屋で買った日本酒です。

酒器は、錫とくらげで比べてみました。

日本酒は、学生時代に”夏子の酒”が連載開始になって、吟醸酒ブームになったこともあり、大好きなんですが、どうにも飲みすぎるので、最近は疎遠になっていました。でも最近そろえた酒器はそもそも日本酒用ということもあり、家では日本酒と言うことにしてみました。

f:id:RYEMASH:20150223213552j:plain

好きな日本酒は、吟醸香の無いor少ない純米酒

精米歩合もあんまり磨きすぎなく、米米してるのが好きです。

そこだけ押さえて、後は見た目で選びます。ラベルデザインとか佇まいとか。それで意外に外さないものです。

値段も四合瓶で千円から千五百円くらいがいいようですね。

f:id:RYEMASH:20150223214102j:plain

この酒は、地元神奈川の酒みたいです。

生酒でうすにごり。くらげも良い感じ。

生酒はすっきりし過ぎていて、普段というか、昔はあまり好みではなかったのですが、この時期は美味しいですね。

f:id:RYEMASH:20150223214359j:plain

くらげの底にはさかなもいます。

と、くらげの宣伝が多くなりましたが、味的には錫が面白い。

以前にディッケルを飲んだときにも感じたのですが、酒の甘さを引き立てる感があります。

この酒も日本酒度12と数値上は辛口ですが、錫で飲むと甘さも感じます。

このあたりは、また別のエントリで。

と、このエントリを書き始めて、今の段階で7割がた飲んでしまってます。

ま、四合瓶だしね。

ではでは