RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

Red wing 9870 オイルアップ

読めないマスタング

最近ブーツ関連の投稿が多いですが、春と秋の2回がオイルアップ時期だからなのです。8119の200kmは偶然。

今回は9870です。

f:id:RYEMASH:20180416215656j:plain

オイルはいつものマスタングなのですが、これが意外に読みにくい。

ステインリムーバで古いオイルを落とした後、マスタングを塗り込み、一晩おいた後にブラッシングという手順は毎回同じなのですが、何故か仕上がりが毎回違うのです。

今回は比較的艶が出ない。

ここから何回か履き、日に当ててブラッシングすると、いつもの艶が出るのですが、処理直後の風合いはイマイチ読めないのです。

今回は新品のマスタングにしたってのも影響してるかも。

f:id:RYEMASH:20180416220231j:plain

ブラッシングの時期は春と秋の2回と書きましたが、回数以外にもそれなりに理由がありまして、一つ目は、涼しい時期に処理したいから。

オイルアップは別段力のいる作業では無いのですが、集中して作業しますので汗をかくのです。なので、暑い時期は避けたいというのが一つ。

f:id:RYEMASH:20180416220552j:plain

もう一つは、オイルアップした後、数回は履きたいから。

オイルを入れた直後は多少なりともベタベタ感が残ります。そのまま保管すると、ホコリなんかが付きやすくなるのです。なので、オイルアップした後には最低でも5回くらいは履きたい。そしてブラッシングをしたいというのが二つ目の理由。

今オイルアップして、5月いっぱいくらい履いて、10月くらいにまたオイルアップして次の期というサイクルで回しているのです。

しかし、これがこうなるで9875をご紹介しましたが、この9870はある意味変わらんです。購入直後は置いといて、100kmくらいで艶が出て、足形にも合ってからは殆ど変化無し。それだけ硬い革なのです。相変わらず叩くと段ボールみたいな音がします。

履き始めの痛みは最強ですが、その後の馴染も最強ということで、これをクリアすると、他のブーツにも耐性ができます。

色んな意味でお勧めの一足です。

てことで

ではでは

また緑で

縁は特に無し

先日は緑川をご紹介しましたが、今夜は緑は緑でもこの緑。

f:id:RYEMASH:20180416204033j:plain

緑の英君、無濾過生原酒です。静岡は英君酒造の純米吟醸

片口の霜の付いたエッジの色合いが何か気に入りました。

f:id:RYEMASH:20180416204405j:plain

味はしっかりした甘みと少しの酸味で、とにかく濃い。冷でもトロミを感じる程の味なので、温度を上げたところがまた楽しみです。

しかし、静岡の酒もあんまり呑んでないので、これも今年の重点県にしてみましょう。

てことで

ではでは

これが

こうなる

明日は雨っぽいので、今夜も飲むかとジンを飲みながらHDDの整理をしていたら過去のスマホ写真を見つけました。

これが。

f:id:RYEMASH:20180415000757j:plain

こうなりました。

f:id:RYEMASH:20180415000919j:plain

先日オイルアップした9875です。上が2014年秋、下が今。

同じ状況で撮ってみようとしたのですが、照明も機材も変わってるので、同じようにはいきません。現像の色合いは敢えて当時の色に近づけてます。

何というか、新入社員と社会に揉まれた後って感じです。

今でも覚えていますが、このブーツを買って、ウキウキと帰宅し開封した時のガッカリ感。

あれ、こんなにのっぺりしてたっけと。

購入した店でももちろん現物を見ていたのですが、店の照明が暗めかつ白熱灯色だったので、渋く見えたのです。これを家の明るい照明で見ると、この写真の印象。

正直失敗したかなと思いました。

しかし、まぁ改めて見ると変わったもんです。同じブーツとは思えないほど。

そう考えると、先ほどの8119もいつかはこんな時期もあったんだねぇと思える時が来るのかも。

てことで、時の過ぎゆくままを感じたお話でした。

ではでは

Red Wing 8119 200Km

よい子

かなり時間がかかりましたが、8119が200Kmになりました。

f:id:RYEMASH:20180414225555j:plain

40回程足を通したことになりますが、見た目は100Km時とほとんど変わらず。

少しシワが深くなったのと、オイルが染み出てきて革のヌメっと感が増したくらいでしょうか。

f:id:RYEMASH:20180414225749j:plain

変わらずといっても、最初から履きやすく、革も適度に柔らかいので、悪いことでは無いのです。手のかからないよい子です。

f:id:RYEMASH:20180414225953j:plain

見た目的にシワの出方はゴールドラセットに近い感じがしますが、質感は全く違います。オイリーで弾力性があり、多少の雨では全く染み込まず、はじいてしまう程。

f:id:RYEMASH:20180414230239j:plain

履くのも楽、手入れも楽ととてもよい子なのですが、少しは反抗期が欲しいところです。

何だかんだ言っても、まだ200kmなので、これから思春期もあるでしょう。

あ、そういえば一点だけ他のブーツより大変なのはブラッシングです。艶の無いオイリーな革に、密度の高い馬ブラシを使っているので、とにかくブラシが重いのです。

ブラッシングに押さえつける力は必要ありませんが、高速に動かそうとすると横移動の力がかなり必要になります。

でも、手がかかるのはそれくらいかなぁ。

てことで、よい子で悩む贅沢な一足でした。

ではでは

とんぼシリーズで一番の楽しみは

神力

いづみ橋とんぼシリーズも次々と蔵出しされていますが、毎年一番の楽しみは神力を使った一本。今年は6号です。

f:id:RYEMASH:20180413222345j:plain

あまり他の蔵では見ない米ですので、楽しみなのです。

印象は水の味とキレ。苦みと鼻に抜ける様な刺激というか辛みがあります。ちょっと気温が上がってきたこの時期には良い酒です。

温度が上がると、印象はそのままで味が厚くなる感じですね。

f:id:RYEMASH:20180413222657j:plain

と、ここまで敢えて過去の神力の記事を見ずに書いたのですが、見直してみると、甘いとか、味が濃いとかという印象を書いているようです。

今回29BYのこの一本ではそういう感想は出てきません。かなり辛みに振った感じ。個人の好みでは今年のが良いかな。

f:id:RYEMASH:20180413223153j:plain

酒器は一番最近の炭化焼成の杯と一番古い焼き締め徳利。

どうしても、新しいものばかり使いがちなので、杯か片口のどちらかは古いのも使うようにしています。焼き物は使ってこそ味が出ますので。

てことで、今年もいつもと違うモノの美味い神力でした。

ではでは

台所用品を妙に熱く語るシリーズ

ハンドソープ

いや、そんなシリーズは無いのですが、台所とか掃除用品ってユーザ要求に細かく対応していて感心することが多いのです。

今回はハンドソープでこちら。

f:id:RYEMASH:20180410230405j:plain

ビオレU泡ハンドソープです。

これを一眼で撮影して、Raw現像までしてるのはどうかと思うのですが、楽しいから良いのです。

で、このハンドソープ。すごい満足度。

元々はキレイキレイの液体ハンドソープを使っていて、特に文句も無かったのです。

ですが、この泡を使ってみると、潜在的な不満が顕在化し、かつそれが解決されているのです。

まず液量。泡状に出てくることにより液の量が少なく、過剰な減りが無くなります。

更に液垂れ。液状のソープでは口から液が垂れて固まったり、シンクにこびり付いたりしていたのですが、泡になることによりキレが良くなり、それも解消。

とにかくカユイところに手を届かせてくれる一品なのでした。もう前には戻れない。

こんなふうにカスタマーも気が付きにくい不満を露わにして、かつ解消する製品を作るってのは、モノづくりをしている立場として凄いなの一言です。

などと熱く語りましたが、適当にカメラを持って家の中のモノを撮っていたらコレを見つけただけなんですけどね。

あ、でもこの製品に感動したのは本当です。

てことで

ではでは

緑川といえば

エクセル

これまた昔の話、初めて日本酒を呑み始めた頃、高くて中々手を出すことができなかった憧れの酒の一つが緑川エクセルです。

変わった名前だなぁと未だに脳裏に焼き付いています。多分一回くらいは呑んだはず。

そんな緑川を数十年ぶりに呑んでみました。

f:id:RYEMASH:20180410210843j:plain

緑川の純米です。

これこそ淡麗としか言いようのない味。吟醸香が無い分更にスッキリさが際立ちます。

f:id:RYEMASH:20180410211128j:plain

少しだけ温度を上げた方が旨味が立つかな。

ちなみに調べてみるとエクセルという銘柄は既に無くなっているようです。

ま、記憶の中にだけ残っている酒というのも乙なもの。

てことで

ではでは