RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

戦う一週間の始まり

ふさわしく

戦うと言えばこちら。

f:id:RYEMASH:20180820233618j:plain

ま、後付けの理由なんですけどね。Fighting cock NV 103proofです。以前は6年表記がありましたが今はNVです。

じゃあなんでこれを飲んでるかというと、お手頃だから。

101proof以上でお手頃かつ美味いバーボンというと、これとターキーくらいになってしまいました。

バーボンとフランスワインはインフレが過ぎます。

数年前のハリケーンでケンタッキーの蒸留所が軒並み被害を受けたのも影響してるのかも。

てことで

ではでは

いつでも咲いてる気がする

百日紅

f:id:RYEMASH:20180818202712j:plain

そしていつでも呑んでる私

f:id:RYEMASH:20180818202800j:plain

今日は夏と言えばIce Breakerが少し残っていたので空け。

f:id:RYEMASH:20180818203109j:plain

中川村のたま子をゆっくり呑んでおります。このオタマの形だと初夏ですかね。

淡麗、辛くて苦い。故にサッパリ美味い。

f:id:RYEMASH:20180818203248j:plain

酒米は偶然前回の常山と同じ美山錦。ですが味の方向性はずいぶんと違うモノです。

てことで、夏の休みを満喫中。

ではでは

聴いたら負けだと分っていたけど聴いちゃったら負けた

そんなお話

先ほどのスマホ写真の台にも写っちゃていましたが、ずっと気になっていたMomentum free。

評判も良いし、そもそもゼンハイザーの音は好きだし。でも、AKG N200も満足してるし。ケーブルのタッチノイズ以外は。そう、タッチノイズ以外はね。

で、負けました。

f:id:RYEMASH:20180815222403j:plain

もう既に名前を出しましたが、ゼンハイザーのMomentum freeを購入してしまいました。

だって、しょうがないじゃない。聴いちゃったんだもの。ヨドバシで。何か見た目ちがわね?って話はこの後じっくりと。

音だけで言えば、AKGとは方向性が違います。良し悪しでは無く、例えばベースで言うと、AKGは輪郭は緩いけど芯のある音、その分音場の広がりが良い、ゼンは輪郭がキリッとしていて低音でも音の分離が良い。

と、音質に関していえば好みの範疇なのですが、タッチノイズが少ないという一点で買いです。それほどN200は酷いとも言えます。動かずに使う分には正直ゼンより音は好みなんですがね。

ですが、ゼンにも弱点があって、両耳にぶら下がったリモコンとバッテリー。これがブラブラ上下に動いて、なんかあずましくないのです。

特に専用コンプライのTs-167を付けるとまぁ気になる。そこでスタビライザとして羽根を付けたのが前の図でした。

もちっと細かく見るとこう。

f:id:RYEMASH:20180815224749j:plain

イヤーチップと本体の間にフィンを入れてます。

厚さ調整でフィンの根元を削ったりしてますが、これで安定はしました。ですが、今度は耳道への入りが浅くなる。

今はこの辺で悩んでいるところです。

選択肢としては以下。

1. Ts-167を使わない。丸く無ければブラブラも気にならん。

そもそもTs-167は専用品だけあって高すぎるし、丸い形状の意味はあるのかと。ならば砲弾型のクリスタルラインのコアサイズSを入れると、これがピッタリはまる、ですが音がもやっとするのです。慣れれば良いのでしょうが。

ちなみにコンプライでも100番シリーズは使えます。167は高すぎるので、こっちの方がお勧め。

2. 他のフィン。もっと薄いやつ

実は最初はBe6iに付いていたのを付けてみたのです。が、口径が大きすぎてバックポートを塞ぎがち。そうすると音がこもるので分かるのですが、イチイチ気にするのもストレス。

てことで、実は最初のシリコンチップで良いんじゃね?という疑念を持ちつつ、もう少し探っていく毎日です。

ではでは

音切れの原因

こっちだったか

BTイヤホンを使っているとホットスポットというか、特定の場所で必ず音切れが起こるという現象が起こります。

特に信号の下とか、線路の側とか。とはいっても、全ての信号、線路では無いってところが面白いのですが、それが最近増えてきたのです。

で、話は変わってスマホなんですが、最近スイカとかナナコの反応がかなり悪くなってきていたのです。スイカは一度必ずエラーになるし、コンビニでは思いっきり押し付けないと反応しないし。

こう書くと、答えを書いている様なものですが、スマホを買い替えました。

f:id:RYEMASH:20180815212455j:plainXperia XZ1です。Z5からの機種変更。

XZ2が出ましたので型落ちですが、特にスマホでゲームとかするわけでは無いので、性能はどうでも良いのです。イヤホンジャックが残っているのも一応評価点。

関係無いですが、XZ2のデザインがあまりに評判悪いので、XZ4辺りで元に戻るという噂がありますね。

もとい、これに買い替えてから、BTの音切れが全く無くなったのです。ホットスポットもなんのその。

以前はイヤホンのアンテナ側のポケットにスマホを入れてないと切れるとか、スマホの裏表でも切れたり切れなかったりとピーキー過ぎる使い勝手だったのですが、全て解消しました。

めでたしめでたし、と行きたいところですが一つ問題というか失敗が。

私は写真に写っているショートストラップを付けないと落ち着かないのですが、このXZ1にはストラップホールが無い。なので、ストラップホール付きのケースを付けたモノの、素材が樹脂なのでイマイチ強度に不安がある。

じゃあいっそのこと金属製バンパーを付けるかと購入したのがこちら。

f:id:RYEMASH:20180815214318j:plain

妙なゴツさとか重さは予想の範疇だったのですが、致命的なのはコレを付けるとBTイヤホンの音切れが尋常なくひどくなること。

Z5以下で、ちょっと人が多いところに行っただけでブッツブツで使い物にならないレベル。減衰では無く干渉でダメになってる気がします。仕事じゃ無いのでちゃんと調べてはいませんが。

で、結局それなりの出費をした金属バンパーはお蔵入り。

てことで、音切れに悩んでいる方はプレイヤー側を疑ってみるのもアリですというお話でした。

あ、性能はどうでも良いと言ってましたが、スクロールとかのヌルヌル感を体験すると、元には戻れませんね。

ではでは

フルーツ感と

古い記憶

4か月ぶりくらいに床屋に行き、視界もスッキリしたところでこちらを頂きます。

f:id:RYEMASH:20180815205647j:plain

福井は常山酒造のほたるです。

柔らかい酸味、梨っぽいイメージ。重すぎない味わいが夏に合います。

f:id:RYEMASH:20180815210136j:plain

酒米は美山錦。

さて柔らかい酸味ってところで、関係ない味の記憶が浮き上がりました。

ポストウォーターです。

まぁ、知ってる方は年齢がばれるってモノですが、あの気の抜けた、水で薄めたようなマスカットというか、何ともいえない中途半端感。部活後に飲んでも何故かリフレッシュしない味。

以前からダメな方向のフルーツ感を出した日本酒を呑んだ時に、何かに似てるなぁとモヤモヤしていたのですが、これで言葉が一つ戻りました。

もちろんこの酒は違いますよ。

てことで

ではでは

一目惚れとじっくり惚れ

そんな言葉は知らんが

例えば前回ご紹介した酒器は完全に一目惚れで、色が好みとか形が好みとか理由も簡単に付けられるのですが、中にはじっくり見ているうちにジワジワと好きになって、どこがと問われても難しいのですがお買い上げ、なんてこともあるのです。

それがこちら

f:id:RYEMASH:20180813195110j:plain

同じく橋村大作さんの杯。

ステム付き、印象的な青、鎬とクラックの表情と意匠は前回の杯と似ているのですが、印象はだいぶん違います。

購入の決め手はステムの青色だったのですが、今日撮影してみて色々面白さに気が付きました。

f:id:RYEMASH:20180813195427j:plain

購入の決め手になっただけあり、ステムの青はとてもきれい。前回の器とは配色が逆です。

f:id:RYEMASH:20180813195553j:plain

特に、ステムから杯への表情の変化がよし。

さて、ここからが、無意識に惹かれたところかも。

f:id:RYEMASH:20180813200150j:plain

鎬とクラックと泡とグレー(なのかな?)の色ガラスで、まるで樹木の様に見えます。

f:id:RYEMASH:20180813200413j:plain

氷の樹皮って感じでしょうか。

更に少し開いた口元を下から見上げると。

f:id:RYEMASH:20180813200520j:plain

モノクロ写真のようです。

こんな風に、見る方向、角度、距離で印象が大きく変わるので、お店の中にあっても、チラチラと目に入って来ていたのかもしれません。

ま、なんてのは後付けの理由で、結局は一目惚れと相違は無いのでしょうが、気に入った一品が見つかるのは一つの幸運です。

てことで、2品目のご紹介でしたが、3品目はちょっと特殊な形ですので登場が遅くなるかも。

ではでは

お盆休みの

一杯

本日は盆休みということで、ちょっと買い物等外出していたのですが、どうにも天気が怪しく、急いで帰って間一髪ゲリラ豪雨を免れました。

と、日記らしいことを書いておいて、今日の一杯はこちら。

f:id:RYEMASH:20180813191649j:plain

八海山の特別純米原酒です。

味は偶然にも前回呑んだいづみ橋によく似ています。いづみ橋にフルーティーさを加えた感じでしょうか。

記憶にある八海山とは少し違ったイメージです。

f:id:RYEMASH:20180813191932j:plain

アルコールも高めで後味スッキリなので、食中酒にも合いそう。

普段大メジャーな酒は避けている訳では無いのですが、何となく後回しになるので、気が付くと数年呑んでいないなんてことがあります。この八海山もそう。

蔵の味は変わって行くものですので、記憶の味の更新のためにも、メジャー処も呑んでいきましょう。

てことで、いつものように写っている酒器のお話はこの後で。

ではでは