読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

オーガナイザー

雑記

さて、たまには酒やブーツ以外の話題ってことで、オーガナイザーです。

ま、つい先ほどアマゾンさんから届いたからなんですが。

こちら。

f:id:RYEMASH:20170322215823j:plain

KOKUYOのバッグインバッグ、ビズラックA4縦です。

元々自作バッグ用に同じビズラックA4横タイプは使っていて、柔軟性もあるのでバックパックにも入れていたのですが、書類の量が増えるとさすがにきついってことで縦型を購入しました。

オーガナイザーはそれこそハンズでも行けば色んな種類があって、ポケットだらけのモノとか、メッシュ構造のモノとかもあるのですが、仕事で使う分にはこのビズラックが一番合ってる気がします。

紙媒体を折らずに入れられるプラスリーブと、メモ帳入れ、ペン刺し、名刺入れがあるくらいが私にはちょうどいいようです。

これ以上増えると、どこに何を入れたか分からなくなりますので。とはいえ隠しポケット的なモノがあったりと、かなり琴線に触れるのです。

後はMade in japanってのも購入の決めてだったり。

文房具も結構深い沼ですね。

てことで

ではでは

残った軋轢も

日本酒
解消

ま、ホントに単純なんですが、もう少しの引っかかりはもう少しの酒で消します。

f:id:RYEMASH:20170322212457j:plain

岐阜の百春です。ちょっと調べるとカップ酒まで作っているみたいですので、結構大手なのかも知れませんが、私は初めて飲む酒です。

f:id:RYEMASH:20170322212827j:plain

酒米は五百万石。アルコール度の高さも好みです。

f:id:RYEMASH:20170322213027j:plain

味わいは、このように泡が付くほどのガス感の爽やかさ。が、これに加え後味の苦さと、フッと香る果実感。何とも設定過剰な感じもしますが、それもよし。

どちらかというと昼間酒かな。

てことで

ではでは

イライラ

ビール
たまにはね

イライラした状態で飲む酒ってのはダメな方向に行きがちなんですが、まぁ生きてりゃイライラすることもあるってもんで。

それを酒で飲み干すってのもありでしょう。

f:id:RYEMASH:20170322203309j:plain

Saint ArcherのNelson IPL。軽くて苦くていい香り。良いIPLです。

これが、Saint Angerだったら今の気分にぴったりだったのに。いやsaintではないですが。

てことで、イライラも収まりました。単純ですね。

ではでは

桜色も

日本酒
ラスかな

川崎で酒を買う予定は無かったのですが、たまたま見かけたこの一本。

f:id:RYEMASH:20170319222944j:plain

秋田は阿櫻。ふくひびき全量です。

うん、さわやか。そして米。

f:id:RYEMASH:20170319223307j:plain

よく見かけるから、いつか飲もうと思っていた一本です。

桜の下で胡坐をかいて飲むのに良いかも。

てことで

ではでは

予想通り

ビール
美味い

少し前にNZ、Funk Estateのビールは美味いね、ならば他の種類もなんて書いたばっかりなのですが、間違いなかったです。

f:id:RYEMASH:20170319192227j:plain

今回はBlack IPA

アメコミ的なラベルがグッときますが、味はそれ以上。

IPAのHOP感はあるモノの、Blackの燻感は少なく、何故かミルクを感じるという面白い味です。

NZはYeastie boysがあり、TuatalaとかParrot dogとか、個性はあるけども外しは無い、しかもお手頃。。。なんて絶賛したいところですが実際は外した品もあるし、個性も何もないよ、何てのもあったりします。そんな楽園はありません。

ですが当たり率はかなり高いのです。

少なくとも上記にあるYeastie、Tuatala、parrot、Funkなんかは好き嫌いは別にして良いモノ作っているなぁと。

てことで

ではでは

リハビる予定だったのですが

ビール
断念

断念とまではいきませんが、ぎっくり腰で一番辛いのは一つの体勢で固まることなのです。これは経験者の方であれば同意頂けるはず。

なので、回復した今日はカメラを持って、軽く歩いてリハビリの予定だったのですが、とにかく空気が悪い。

幸いなことにまだ花粉症は発症していないのですが、それでも本日は花粉やら粉塵やらで、とても穏やかに歩く雰囲気ではありませんでした。

ならばということで、とりあえず川崎で買い物だけ済ましてとっとと帰ってきてこちら。

f:id:RYEMASH:20170319164017j:plain

初めてのカナダビール。ソウダスト・シティ 11.05です。

スタイルはベルジャントリペル。酸味をやや強めに感じるタイプです。後なんだか分からない旨味。

この11.05って何だろねと裏を見ると。

f:id:RYEMASH:20170319164425j:plain

どうやら二つのBreweryのコラボらしく、更に各々のSamとRyanの誕生日が11月5日ってことみたいで、それで11.05%という微妙なアルコール度数のようです。

で、味ですが、こういう企画モノとしてはという言い方は失礼ですが、素直に美味い。

ベルジャンの酸味がアルコールの高さを上手く補正して、とても飲み易い一本です。

ベルジャントリペルなので、温度を上げながらゆっくり飲むのも良いですが、これに関しては、冷やしたグラスでグイッとあおるのも良い感じかと。

てことで、スタートです。

ではでは

もっと強いのを

バーボン
一本

おかしな流れのタイトルになってますが、普通に飲んでるだけですよ。

今はこちら。

f:id:RYEMASH:20170317215645j:plain

大好きなRyeなんですが、Rittenhouseは久しぶりに見たような気がします。と言いますかこんなラベルだったっけ?というレベル。

sghrの泡ショットも良い感じ。

あ、最後に書こうと思っていたのですが、今日の酒写真は全てHeliar。やっぱりマニュアルは面白い。静物ならこれが良いや。

てことで

ではでは