RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

999.9 Four Nines

自爆の代償

酒自爆の話は簡単に言うと、家の数歩手前ですっ転んだだけなのですが、ここの因縁噺をしてもしょうがないので、失ったモノ、新たに手に入れたモノの話でも。

メガネです。

すっ転んで、顔面から着地し、メガネはバラバラ。あと色々負傷とか信用とか失いましたが、財布的にメガネが痛い。で、この代償として新しいメガネを造る羽目になりました。

f:id:RYEMASH:20190216191243j:plain

999.9のNPM-106、フローオリーブです。

転んでぶっ壊れたのも999.9だったのですが、やはりかけ心地という点でこれを選んでしまいます。

今時、5千円からレンズ込みでメガネが作れる時代ですが、顔にスッとはまる感触は999.9ならでは。しかも10年以上使えるという意味では、ランニングコスト的にも割高感はありません。壊さなければね。

f:id:RYEMASH:20190216192926j:plain

スッとはまる要因はこのテンプルのS字カーブ。更にチタン素材なので、劣化も少ないのです。

劣化が少ないという意味では、今回常用メガネが壊れて、テンポラリに使っていたのも20年以上前に造った999.9なのです。

f:id:RYEMASH:20190216193731j:plain

流石に多少傷はついていますが、未だに問題無く使えるフレームです。ですが、レンズを変えていないので、どうせならと今回新しく造った次第。

f:id:RYEMASH:20190216193955j:plain

ブランドが出来て間もない頃のモデルですので、S字部の見た目も洗練されていませんが、機能的には問題無し。

ただ、今回ショップで話しを聞いたところ、ブランド立ち上げの方は居なくなっているそう。それを物語るのが鼻当ての部品。

テンプルのS字と並んで特徴的だったのが、鼻当ての亀さんだったのですが。

f:id:RYEMASH:20190216194701j:plain

先ほどの20年以上前のに付いている奴です。

これが、今のモデルでは亀がいません。

f:id:RYEMASH:20190216194757j:plain

こんな風に。

まぁ、目立つ部分でも無いし、機能的にも意味は無いのですが、こういう遊びが無くなったのはちょっと残念。

ちなみに、私がメガネを新調する際には、フレームは999.9の店で買って、レンズは富士メガネさんで付けます。北海道では有名な富士メガネですが、関東にも数件あり、数十年前からのカルテも全部残ってますし、レンズ調整もとにかく丁寧なので、ここ以外では造れないですね。

てことで、なんか最後は宣伝くさくなりましたが、それなりにショックなメガネ新調でした。

ではでは

謹慎明け

からの酒

1か月ほど前、呑み過ぎて盛大に自爆したことで、しばらく酒を控えていたのですが、そろそろ明けです。

久し振りの酒は美味い。でも反省はしている。でも美味いということでビールからご紹介。

f:id:RYEMASH:20190216172540j:plain

横浜の某バーのバーテンダーさんがこれまで飲んだビールの中で一番好きといっていた、de MolenのVuur & Vlam。泡は失敗したデコレーションケーキの様になってしまいました。

de Molenは結構飲んでいますが、スタウト系以外はどうもイマイチの印象がありました。が、このIPAは確かに美味い。

カルピンとPunkとJack hammerの良いとこどりをしたような味といえば良いのでしょうか。苦み、酸味、果実感が良い感じで詰まっています。

続いて、賞味期限が切れそうだったこちら。

f:id:RYEMASH:20190216173303j:plain

FirestoneのUnion Jack IPA

こちらは、苦さに全振りの印象。青草味がたまらない一杯です。

ここから日本酒。

f:id:RYEMASH:20190216173549j:plain

丹沢山の生です。久し振りの酒なので、安心感のある一本を選びました。

ほんの少し濁りが入ってます。

口開けの印象は甘さと旨味。少し温度が上がってくると、果実味も出てきます。これは常温の方が美味いかも。

f:id:RYEMASH:20190216173905j:plain

ラベルも必要最小限。こういうのは好きです。

いや、しかし1か月空けるとホント酒が美味い。元々毎日呑むようなことは出来ない体質なのですが、間を空けると美味さが浸みます。

反省はしているのです。その辺りのお話しは後程するかも。

てことで

ではでは

OK BASKETBALL MT

スニーカー新調

冬は基本的にブーツばっかり履いているのですが、たまにはハイカットのスニーカーも良いかと色々物色していたところ、好みに合う一足を発見。

こちらです。

f:id:RYEMASH:20190211224438j:plain

Onitsuka TigerのOK BASKETBALL MT。黒レザーです。

振り返るとOnitsukaは好みのようで、迷ったときには選んでいるようです。こちらは2019モデルで、創業70周年記念モデルだそうです。

70年かぁ。そういえば私が子供の頃はギリギリオリジナルのオニツカタイガーが存在していて、ちょうどアシックスへの移行期でした。その頃は、同じモデルでオニツカとアシックスブランドが併存していた覚えがあり、子供の感覚ではオニツカは古臭いというイメージでした。

まさか復活してオシャレブランドになるとは思いもよらず。

f:id:RYEMASH:20190211230602j:plain

オニツカの中でも最初期モデルをベースにしているので、所謂アシックスストライプはありません。ぱっと見どこのメーカーか分からないですね。

f:id:RYEMASH:20190211225509j:plain

赤いソールのニクイやつ。

Onitsukaのバッシュでは10年近く前のFabreシリーズを2足持ってますが、それよりソールも厚めで、インソールの履き心地も快適になってます。

ただ、あまりにも革がカッサカサなのが気になるところ。オイルドレザーでは無いので、クリーム等を使うところですが、デリケートクリームでは心もとないしと悩んでいたところ、Tapirのレーダーフレーゲあったなと思い出し、いつものようにプレケアを実施。

f:id:RYEMASH:20190211225624j:plain

これが、砂地に水か染み込むように浸透していきました。よっぽど乾いていたんでしょう。

f:id:RYEMASH:20190211230509j:plain

左が処理前、右が処理後。ブラッシングの効果もあるでしょうが、質感やハリの差は一目瞭然です。一番上の写真は両方処理した後のモノです。

履き心地は先ほども書いた様に、かなりソフトな着地感。ワークブーツとまではいかないでしょうが、一応革ですので今後の変化も楽しみ。そのためにも、このハイカットの場合は一番上のホールまできっちりレースを通して履くのが良さそう。

てことで、久し振りにブーツ以外の靴の話題でした。

ではでは

Amazon Prime Photosが変ってた

UIだけという訳でもなさそう

だいぶん前にAmazon Prime Photosについて記事を書きました。

ryemash.hatenablog.com

この記事では、初期設定の落とし穴や、同期の考え方がクラウドマスターになっているので、イマイチ使い難いなんて事を書いていましたが、久し振りにクラウドバックアップでもしようかとPrime Photosを開くとずいぶん変わっていました。

UIはこんな感じ。

f:id:RYEMASH:20190209214649j:plain
バックアップ機能が拡充されているようで、自動バックアップと1回限りのバックアップが追加されています。

実は、最初使い方を間違えていて、私の場合は基本的に1回限りのバックアップを手動で行うのですが、その方法が分からず、左ペイン上部の自動バックアップにフォルダーを追加し、即時バックアップを実行とやっていました。

ただこの方法ですと、一度に1フォルダーしか選択できないし、そもそもこの1回限りってのはどう使うんだよと愚痴ろうと思ったのが、この記事を書き始めた当初。

で、途中まで書いたところで、一応説明みてみるかとAmazonの説明を読むと、どうやら、1回限りのバックアップは左ペイン下部の1回限りのバックアップというところに、フォルダーをドラッグアンドドロップでできるよう。当然複数フォルダーを一気にドロップ可能。

うーん。気が付きませんでしたよ。

ま、自動バックアップでも、結果は一緒だし、バックアップが終了したらフォルダーを自動から外せば良いだけなんで問題はないのですが。

こういう悩みも、既にバックアップ先のクラウドディレクトリをカスタマイズしてしまっているからで、もしこれから使うのであれば、写真フォルダーの親フォルダーを自動バックアップに設定して、スケジュールバックアップするのが楽でしょう。

重複チェックもしてくれるようですし、結構便利そう。

てことで、久しぶりの写真噺でした。

ではでは

Android 9でボリューム調整が改善されるか

もう一歩か

以前からAndroidのボリュームはステップ毎の音量差が大きいというか、ステップが粗すぎて、こうなんというか、もうちょっとだけ大きくしたい際など、微妙にカユイところに手が届かない感がありました。

ですが、先日プレイヤーにしているスマホAndroid 9にアップデイトされ、このアップデイトではボリュームステップ数が30に増えて、細かい音量調整が可能と聞き、早速試してみました。

結論から言いますと、スマホ本体からの操作では確かに30ステップで細かい調整ができますが、momentum true wirelessやAKG N200等のワイヤレスイヤホンからの音量操作では以前のまま15ステップになってしまいます。惜しい。

UIはこんな感じ。

f:id:RYEMASH:20190206212121j:plain

スマホでボリューム調整を行うと、右側にある縦長のボリュームバーがポップアップします。以前は横長でしたので、少しデザインが変わってます。

これが、本体の物理ボタンでは1ステップ毎に上下するのですが、イヤホンからの操作では2ステップ動いてしまうので、結果的に以前と同じなのです。

先ほど惜しいと書きましたが、実際のところスマホをプレイヤーにしている場合、大抵の場合、ポケットの中など手の届くところに入れてますので、手探りで物理ボタンの操作ができます。

f:id:RYEMASH:20190206212834j:plain

私の場合、XZ1に少し硬めのジャケットを付けていますので、ボリュームボタンも樹脂に覆われているものの、手探り操作には問題ありません。

このように多少の不便さはあるモノの、15ステップと30ステップの差は体感上というか聴感上でもかなり大きく、これまでのちょっとしたイラッとさから解放されました。

ステップ数を細かく調整できるアプリなんかもあるようですが、もしそのアプリが落ちたりした時に爆音がなったらヤダなってことで、ネイティブで対応されるまで我慢していたのです。

てことで、少し惜しいけど、実用上は問題無しというお話しでした。

ではでは

ラベル買い

意外にあたる

何千という日本酒の中から1本を選ぶ際に、メジャーだったり知ってる蔵であればそれを基準に購入するのですが、実はそういうケースは少なく、どちらかというと目を惹くラベルで選んだりしています。

これが、結構中身の味ともリンクしているモノで、ま、一種の刷り込みなのかも知れませんが当たりを引くことが多々あります。

今回もそんな一本。

f:id:RYEMASH:20190128000901j:plain

妙に可愛いうさぎの二兎、土曜に呑んだ酒です。

裏面の説明を読まずに呑んだ感想はシャープな口当たりから、濃い味わいが広がる。辛さ、甘さ、苦さが複雑に合わさった味。口に含んだ後の変化が面白い。

ここで、裏面を見ると。

f:id:RYEMASH:20190128001258j:plain

二兎を追うものしか二兎を得ずとあるように、やはり相反する味の要素を敢えてくみあわせたバランスを狙っているようです。

ただ現段階では、相反する味が分離して、面白味はあるモノの、少しまとまりが無い様にも感じます。一年くらい寝かせると更に良いバランスになるのかも。

しかし、これは愛知の丸石醸造さんの酒ですが、愛知の酒ってあまり呑んだことがありません。醸し人九平次、義侠、奥くらいでしょうか。丁寧に作ってはいますが、どこか個性的な酒が多いという印象です。

毎年書いている気がしますが、今年もなるべく呑んだことの無い地方の酒にトライしてみたいものです。

てことで

ではでは

Sennheiser MOMENTUM True Wireless その後

1ヵ月経って

ゼンハイザーのMOMENTUM True Wirelessも購入から約1ヵ月経ち、操作や音にも馴染んできたところで感想です。

まずは問題点から。

問題点1:初期不良

以前の記事にもちょっと書きましたが、購入直後からL側のタッチパネルが反応しないという事象が度々発生しています。かつ最近頻度が増え、復旧にも時間がかかるようになってきました。

復旧させるには一度ケースに戻し、電源を切る必要があるのですが、最近は一度戻しただけでは治らず、何度か出し入れする、または長時間ケースに入れっぱなしにする等が必要になってきました。

こういう時、本体のみで電源操作ができないのは不便です。といいますか、そもそもこういう事象が発生すること自体が問題なのですが。

実際の使用に関してはL側のタッチが効かなくても実は大して問題はありません。BTは繫がって音はでますし、音量はスマホの物理ボタンで上下できますので。ただ、トランスペアレンシーモードに移行できないのは不便。

また、一度アプリから初期化したのですが、それでも治らず、更に再ペアリングするには両側のタッチが必要なので、しばらく本当に使えなくなって焦りました。結局この時も数分ケースに入れっぱにしていたら治ったのですが。

とりあえず、今は在庫も少ないようなので、修理にしても交換にしても時間がかかりそう。もう少しして、潤沢になってきたら修理に出しましょう。

問題点2:ケースからの出し入れと形状

初期不良は私だけの問題かもしれませんが、こちらは他の方もレポートしているようです。

このイヤホンをケースに入れるとこんな感じ。

f:id:RYEMASH:20190122215823j:plain

上すぼまりの紡錘形。プリンを想像してもらうといいかも。これが、前から見てもこうですし、後ろからも見てもこう。

f:id:RYEMASH:20190122220005j:plain

さらに上から見ても。

f:id:RYEMASH:20190122220047j:plain

見事にすっぽりとはまっています。

要はケースから取り出す際に指が引っかかるところが何処にもないのです。

せめてプリンのカラメル部分にほんの少しでも出っ張りか引っ込みがあるか、ケースと本体の間に隙間があればそこから取れるのですが、それが無いので、ケースの蝶番側からグイッと引きはがすように取らざるを得ません。

引きはがすという表現を使ったのは、本体とケースが結構強い磁力でくっ付いているからです。

f:id:RYEMASH:20190122220725j:plain

この大き目の〇が磁石。結構強め。

で、この引きはがす際に結構な頻度でケースの蝶番を過剰に開いてしまうのです。

f:id:RYEMASH:20190122221011j:plain

蝶番はケースの大きさに比べて小さいので、既に少しガタガタしてきました。

この点に関しては、本体はしょうがないので、ケースを改良して欲しいところです。

と、問題点を挙げてきましたが、ここからは満足なところ。

音質

これにつきます。

モニターイヤホンのように良いところも悪いところもあからさまに鳴らすような方向性では無く、どんな曲でも楽しく聴かせる方向です。BTイヤホンの圧縮通信でモニター的な方向性を求めてもしょうがないので、これは正解だと思います。

具体的に言うと、音の定位が尋常じゃ無く明確です。前後左右、上下方向にギターやベース、ドラム等がはっきりと定位します。まるでオブジェクトオーディオの様。古い音源でも同様ですので、もしかすると何らかのDSPをかけているのかも知れませんが、それが良い方向に効いてます。

音の定位が良いと、音量を上げてもうるさく感じず、各場所からの楽器の音が大きくなるイメージ。なのでついつい音量を上げ過ぎてしまいがち。耳の健康のためには注意が必要です。

後は何だろう、先ほどのモニターライクの音じゃないというのとは反しますが、音源の質はあからさまに聴かせます。間違って同じ曲をAAC256とALACで入れていたのですが、なんかモヤっとしてるなと思ったら、AAC音源の方でした。aptXで圧縮はされていても、その辺は衰えた耳でも分ってしまいます。なので、よく聴く曲はALACやFLACに入れ替えています。

最後はこれ。

トランスペアレンシーモード

所謂外音取り込みモードで、アクティブノイズリダクションとは逆に外音をマイクで取り込んで位相を変えずに再生します。これが便利。

最初にも書いた様に、この本体は引っかかりが無いので、手に持ってもコロコロと転がり、収まりが悪いのです。

f:id:RYEMASH:20190122223555j:plain

こんな形なので。

ですので、ちょっとした買い物などの際には、イヤホンを外さずに店員さんと会話ができるこのモードはとても便利なのです。もちろん、きちんとした会話をするときには外してケースにしまうのは礼儀だと思いますが。

てことで、音質や機能は満足。使い勝手は改良の余地あり、特にケース。初期不良は話にならんといったところが、1ヵ月後の感想でした。

ではでは