RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

仕事しながら飲む酒は美味いか

あぁ、美味いさ

元々在宅勤務が多かったので、現状にさほど問題は無いのですが、敢えて言えばイライラした時に酒が飲めるのが利点。

今日も面倒な、でも自分がしゃべり続けなければならない会議があったのですが、その際にドーピングしたモノがこちら。

f:id:RYEMASH:20200407184756j:plain

カルピン2本からのbrewdogに行って、ラストはジンショット。

議事録担当が別にいたので自分の発言にはさほど気にせず、オーバーコミットにならないことだけを気にして、舌が回りまくりました。

コレはコレで効率上がるんじゃない?ってのは幻想でしょうね。

おいといて、今回新規モノはBrewdogのBauble Head。一応IPAですが桃ですね。

パッションフルーツグアバ、オレンジを加えているみたいですが結果として桃です。

てことで、何てことない日常の作業風景でした。

ではでは

外に出られないなら

お家でゲーム

こんな状況なので、どうしても家に居る時間が長くなります。ならば久しぶりにゲームでもして見るかと、二十数年ぶりに手を出してみることにしました

そうなると、さて何で遊ぼうかという話ですが、手軽に入手できるって点でSteamです。

ただ私のPCはcore i3の第六世代、グラフィックもオンボードなので、流行りの3Dグリグリ系はとても無理。

そんな環境でも楽しめるモノを幾つかご紹介です。

まずはこちら。

store.steampowered.com

Hidden Folksです。

いわゆるウォーリーを探せ系のゲーム、但し動きアリ。張り付けたリンクでは英語になってますが日本語にもきちんと対応しています。

ポイントはとにかくバカじゃないのという細かさ。砂漠の中で一本のピンを探すようなものです。でも嵌ります。

嵌る要素は効果音、いや効果声といった方がいいかな。様々な音が全て肉声のサンプリングで出来てますので、適当にクリックするだけでも面白い。

マウスのみで操作できるので、お手軽です。

続いてコレ

store.steampowered.com

GRISです。一応アクション系ですが、私の様など素人でもちょっと慣れれば簡単に操作できます。

このゲームはとにかく世界観が独特。特にストーリーの説明などは無いのですが、非常に綺麗な映像表現と音楽が魅力です。

最後はこちら

store.steampowered.com

グランディアのHDリマスターです。

これはもう、懐かしさ一択で購入しました。それこそ二十数年前にクリアして、非常に印象に残っていたゲームがリマスタリングされたということで、懐古趣味的にプレイしてみたのですが、思ったより全然内容を忘れていて、初めての様に楽しめています。

たまーに音声が英語になるというバグがありますが、設定を戻せば復活しますので、特に問題はありません。

こんな感じで、ショボいPCと衰えた反射神経でも楽しめています。

ちなみに、GRISの際にさすがにキーボードではやりにくいのでゲームパッドを買ってしまいました。

f:id:RYEMASH:20200406231804j:plain

うちのPCはBluetoothを積んでないので、ドングルで無線対応できる機種を選んでいます、って結局暇つぶし以上に嵌っている気がしますが、気のせいです。さすがにゲーミングPCに手を出す気はありません。

てことで、在宅ライフをこなしていますというお話でした。

ではでは

ワークブーツ 9870 1900Km

投稿し忘れ

1月上旬に9875の1900Kmの記事を上げましたが、実は同じ時期に9870も1900kmになってました。

写真は撮っていたのですが、何故か記事にし忘れということで、今更ですがこちらです。

f:id:RYEMASH:20200403215857j:plain

このブーツはホント変わりません。変わらないというか、足に馴染んだ後はそのままの履き心地を維持します。

f:id:RYEMASH:20200403220040j:plain

もちろんソールは減ります。これは消耗品なので当たり前。この張り替えたビブラムは、純正よりも減りは少ない気がします。

f:id:RYEMASH:20200403220302j:plain

で、先ほど変わらないと書きましたが、本来この9870のクロンダイクという革は表面の塗装が剥げて、茶芯が出てくるのが味と言われています。

が、その兆しは殆どなし。靴紐の当たる部分や履き口なんかは茶色くなってますが、宣材写真にあるような、つま先が茶色にはなってません。ていうか、どんな履き方したらそうなるんだ?

今はこの写真にも見える様な金属的な光沢が魅力と思って履いています。

さて、そろそろ9875共々2000Kmが見えてきているのですが、例の問題で外を出歩く事が極端に減りましたので、今期は無理かも知れません。

まぁ、何かと競っている訳でも無いので、その辺はのんびりと。

てことで

ではでは

面倒な打ち合わせの後は

これでしょ

在宅勤務でややこしい打ち合わせをするのは気力と体力を使います。

使い切った気力はコレですぐに回復なのです。このスピード感は在宅ならでは。

f:id:RYEMASH:20200403175331j:plain

Figueroa MountainのPoint Conception IPAです。

一度注いだ時には、おっ、久しぶりのクリアなIPAと思ったのですが、最後まで注ぐと霞の様な濁りが出てきました。でも、これはHazy的な濁りではないですね。

味は安心のIPA。王道のHop感と適度な苦みで落ち着きます。

そして言うまでも無くコチラに流れます。

f:id:RYEMASH:20200403180135j:plain

秋田、大納川(だいながわ)の天花。おそらく初めて呑む蔵です。

味わいは酸味系を主体にサッパリとした味わいなんですが、何か後味に残るモノがあります。

古民家というか神社というか、そういう古い木の香りみたいな感じでしょうか。

追記)名前を思い出しました。白檀の香りです。

f:id:RYEMASH:20200403181141j:plain

呑み易いとか、そういう簡単な味じゃないぜという気概を感じます。ま、勝手な感想ですが。

しかし、今になって気が付きましたが、私の日本酒の感想にサッパリ系とか酸甘が多いのは、おそらく前にIPAを飲んでいるからでしょうね。ま、利き酒をしている訳ではないのでご容赦を。

てことで、仕事をこなしつつ。

ではでは

日本酒の呑み方を

変えてみる

大仰なタイトルですが、大したことではありません。

これまで家呑みでは四合瓶を一本開けて、一日で呑み切るというパターンだったのですが、考えてみると、生酒でも冷蔵庫に入れとけば開封後でも結構持つし、何なら味の変化も面白いだろうということで、数種類の酒を少しづつ呑むことにしたわけです。

まずはこちら。

f:id:RYEMASH:20200306151011j:plain

岡山の酒、庵です。

いきなりタイトル詐欺になりますが、こちらは一日で空けてしまいました。。。

味は少しの酸味と苦み。甘さは殆ど感じません。すっきり系ですが味が舌に残る感じです。

f:id:RYEMASH:20200306151245j:plain

この庵は先週開けて呑んだモノなのですが、この時同時に呑んでたのがこちら。

f:id:RYEMASH:20200306155241j:plain

佐賀、東一の五〇です。

酸の感じは先ほどの庵に似ていますが、苦みが少なく、よりスッキリとした味わいに感じました。

f:id:RYEMASH:20200306155358j:plain

これが、半分くらい残っていたので、一週間後である昨日呑んだところ、香りが立って、フルーツ感が増している印象。やはり変わるもんですね。これは良い方向に変わったかな。

で、昨日のメイン酒はこちら。

f:id:RYEMASH:20200314153555j:plain

土佐の桂月です。どちらかというとお店で呑むことが多い印象の桂月なのですが、改めて呑んでみると、あれ?甘い?

おそらくこの前に飲んでいたのがIPAだったので、舌が苦い方向に慣れていて、この酒が甘く感じたのかなと。

実際もう少し呑み進めると、甘いというより濃い味という印象に変わり、更に苦みも加わって、キレのある味に変わってきました。変わったのは酒なのか舌なのか。

f:id:RYEMASH:20200314153823j:plain

で、結局この酒も昨晩で呑み切ってしまいました。

タイトルに変わったと書いておきながら、実際に一週間置いたのは3分の1という微妙な結果です。

結局酒量が増えただけじゃ無いかという話は置いといて、今後の呑み方として、複数種類呑みたいなという努力目標的な、いや何が努力なんだという、よくわからないお話でした。

てことで

ではでは

クラフトビールはどこに行った?

それとヘイジー

昨日の暖かさとは打って変わって、雪見酒になってしまいました。

こんな日でもまず飲むのはビールです。今日は2題。

まずはメインタイトル。

最近ビールはネットで買わず、酒屋で見つけたら買うって感じだったのですが、久しぶりにNZのビールが飲みたいなとネットを漁ってみたところ、どこにも無いのです。

もっと言えば、NZだけでは無く、外国産のクラフトビールの扱いが軒並み無くなっているのです。

f:id:RYEMASH:20200306143234j:plain

こういう日本産のクラフトは相変わらず沢山あるのですが、外国産だとBrewdogやBallast point、シエラネバダ等の有名どころ以外、かなり少なくなっているのです。NZはほぼ全滅、ベルギー、ドイツは結構あるかな。

店頭でも少なくなってきたのを実感してはいたのですが、まさかネットまでとは。

マイクロブリュワリーも淘汰されてきたのかと思えば、本国では普通に醸し中。

ならばと、ParrotDogやFank Estate等の醸造所から直接仕入れようかなと思っても、日本へのシッピングはやっていない模様なのです。

そもそも、人気が無くなったから日本の仕入れ元も無くなったのか、なんか法律が変わったりでもしたんでしょうか。ちょっと寂しい状況です。目白の田中屋さんにでも行けばあるのかなぁ。

というちょっと暗い話題はここまでにして、最近流行りのHazy IPAについて。

先ほど、クラフトビールが少ないと書きましたが、そんな中でも店頭ではHazy IPAが見つかります。やはり流行っているのでしょうか。

本日飲んだのはこちら。

f:id:RYEMASH:20200314150637j:plain

シエラネバダのHazy little thing IPAです。

f:id:RYEMASH:20200314150827j:plain

御覧の通り、後ろの缶が見えない程のにごり具合。Hazyの名に恥じないですね。

ただ、味は前回ご紹介したballast pointのALOHAに比べるとかなり普通のIPA寄り。青臭さと苦みを感じる正統派のIPAです。

この辺りは、Hazyの定義はコレっていうモノがあるわけでは無く、流行りに乗ってる感じかな。でも美味いから良し。

同じように、にごってはいても、所謂Hazy IPAの味では無いモノは結構あります。

先週飲んだこちら。

f:id:RYEMASH:20200306141213j:plain

BrewdogのNative Sonです。

そもそもHazyとも書いていないのですが、かなりのにごりっぷり。でも味はゴリゴリのIPA

逆にかなり以前に飲んだBallast pointのunfilteredなんかはまさにHazy IPAでした。

まぁこういうのもありますので、Hazy IPAという分類は後付けの種別なんでしょう。濁ってるからといって、酸味があって、微発泡ばかりじゃないという日本酒と同じなのかも。

でも、やはり美味ければ良し。

てことで、珍しくビールのみの酒記事でした。

あ、書き忘れましたが、最初の写真のビールはRydeenのポーターです。香りは香ばしさと燻製香を感じますが、味はさっぱりめ。後味は甘めで、昼に冷やして飲むポーターというイメージでした。

ではでは

酒日和

満喫

連休ですが外出するのがちょっと躊躇われる今日この頃、こんな日は布団でも干しながら昼間酒を満喫です。

昼酒ならばということで、ビールから行ってみましょう。

f:id:RYEMASH:20200223174909j:plain

定番ですが久しぶりのBallast point。SculpinのALOHAです。

前知識無しで買って飲んだのですが、第一印象は、あれ?これってスカルピン?、IPA?と、はてなマークが付く印象。

グレープフルーツスカルピンとかパイナップルスカルピンとか、所謂フレーバモノと思っていたのですが、どうやら根本から違うようで、Hazy IPAというカテゴリのようです。日本酒で言うと薄濁り。

味も苦さが少なく、ネクター感すら感じるトロっとさ加減。

昼酒にはちょうどいいのですが、スカルピンブランドで無くても良いのではという感想。

こうなると、The IPAってのも飲みたくなって、ちょうどあったのがこちら。

f:id:RYEMASH:20200223180250j:plain

いや、本当は普通のスカルピンを買ったつもりだったのですが、何故かマンタレイでした。

こう、お店で並んでいるのを取る時に、つい間違えることがあるのです。ですが、今回はこれで正解。ダブルIPAのガッツリした苦さが心地よい一本です。

と、バラストポイントを堪能した後はいつものこちら。

f:id:RYEMASH:20200223180751j:plain

なんか写真が狭苦しいですが、六十餘洲。長崎、今里酒造さんの酒です。長崎は珍しいですね。

合わせた酒器は久しぶりのサカナぐい呑み

お味はまず甘さを感じます。そこからフルーツ感。何となく四国系の酒を思い浮かべます。

甘さの方向性は、上白糖とグラニュー糖の中間ぐらい。ベタつきはしないけど、しっかり甘さは残り、キレもあるって感じでしょうか。

f:id:RYEMASH:20200223181653j:plain

去年かな、九州で新しい蔵が出来たという話も聞いた気がしますので、実は日本酒的jには九州が熱いのかも。

ま、たまたま選んだだけなんですけどね。

てことで、干した布団も忘れず取り込んだところで。

ではでは