RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

2000円台のブルゴーニュ その1

値段逆転

数年前からブルゴーニュワインの値段が急騰した関係でジュラとかサヴォアとか比較的マイナーな地域のワインを愛飲していたのですが、最近何故かジュラのワインが値上がりし逆にお手頃値段で美味いブルゴーニュが増えてる気がします。

円安や流通問題を考えると海外品が安くなることは考えられないのですが、バイヤーさんが色々探してるんですかね。

そんなわけで今年上半期に飲んだワインをご紹介。一回目はこちら。

ドメーヌ ショーヴネ・ショパンピノ2017です。2880円でした。

色は若ピノから少し枯れたルビー色、序盤はサクランボの香りと軽い甘さが主体。タンニンは少なめで雑味をほとんど感じないのが特徴です。

少し置くとナッツとスパイシー感が出てきて、残っていた酸味はかなり早くに甘みに変わります。

ピノ特有の生臭さが一切ないのは特筆ものです。

なんと言いますか、いかにもピノっていう飾りの無い美味さが良いですね。これから何本かご紹介しますが、この印象は共通してます。

ちなみにこのドメーヌは既に引退しているらしく、最後のストックから蔵出しされてるとのこと。もったいないですね。

てことで、今後数回に分けてワインをご紹介予定。他のも挟むでしょうが。

ではでは

地元のビール

ネタなのかガチなのか

1ヶ月ほど前の話しになりますがGW久々に帰省し、これもまた久々に自分用のお土産を買ってきました。在宅なんで会社用のお土産は必要ないのです。

それがこちら

網走ビールです。こちらは流氷DRAFT。

存在は昔から知っていたし、青い色のビールってことも知っていたのですが、どう考えても観光客用のネタものだろうなとスルーしてたのです。

で、初めて飲んだ感想はやはりネタ枠ですね。ビールではない。色は別として味が。

まぁそういうモノと理解して飲めばいいのですが、なんというかノンアルビールのような味、一応アルコールは5%と普通なんですけど。これで炭酸がガッツリ強ければ色の通りに爽やかさ全振りの飲み物として通るのでしょうが、いかんせん中途半端だなぁと。

もう一つは飲んだ時系列が逆になりますがこちら。

同じく網走ビールのスタウト。監獄の黒です。

こちらは国内のスタウトしては結構おぉと思う程のロースト感と重さ。微妙に軽い飲み口が残っているところは土産物としてしょうがないのかも知れませんが、かなり美味しい一本です。

先にこれで期待したから流氷の方はうーん?という結果になった感はあります。

国内醸造所も増えた中、最古参である網走ビールが生き残っているのはこのネタとガチを上手く作り分けてるからなのかもしれません。

てことで

ではでは

夏には遠いですが

麦茶のおはなし

これまで緑茶やほうじ茶、ルイボスなど様々なお茶を水出しでポットに淹れてきましたが、この半年ほどは麦茶になってます。これまでもバーボンの割材として時々話題には出してましたね。

その麦茶も種類、メーカによってかなり味の差はあるもので、大きく大麦系とハト麦系。大麦系は六条麦茶と二条麦茶に分かれます。

それぞれ国産麦の10種類くらい飲み比べて、これは好みだなというものをご紹介。

まずは大麦系。

f:id:RYEMASH:20220317175654j:plain

宇治の露製茶、瀬戸内ブレンド麦茶です。二条麦とはだか麦のブレンドです。

大麦系の特徴は甘さと香ばしさ、見た目的には濃い茶色で所謂誰しもが思い描く麦茶というものですが、この瀬戸内ブレンド麦茶はその味をとても分かりやすく出してくれます。バーボンにも合う。

挽きも細かめなので、比較的短時間で味が出やすいのも好ポイント。

32パック入りで、ヨドバシ価格410円。

淹れ方のポイントなどはハト麦と同じなので後ほど。

そのハト麦の好みはこちら。

f:id:RYEMASH:20220317181116j:plain

小谷穀粉、国産はと麦茶です。

ハト麦茶の特徴は独特なほろ苦さ、見た目的にはかなり薄めの黄金色です。

あんまりなじみがないかも知れませんが、爽健美茶を思い浮かべて頂けると近いものがあります。

個人的には大麦系より好きですが、味が出るまでに少し時間がかかるのが難点と言えば難点。あとバーボンには合わない。

ハト麦茶は大麦に比べメーカ毎の味の違いが大きく、香ばしさを強く感じるもの、苦さを押さえてマイルドな味わいにしたもの等様々ですが、私的にはこのほろ苦さが好きですね。

こちらは36パック入りで、ヨドバシ価格464円。

美味しい入れ方に関して特にコツという程のモノは無いのですが、強いて言えば1.5リッターに対し2パック使うこと、製品に書いてある時間よりも長めに淹れること、水出しで淹れることくらいでしょうか。

パック数は大体1リットル1パックというのが多いのですが、それだと少し味が薄く感じますので、家で使っている1.5リットルボトルに2パックってのがちょうどよく感じます。

淹れる時間は大麦は半日、夜入れて朝から飲める感じ。対してハト麦は丸一日置いた方がハト麦ならではの味が出ます。とはいえこの辺りは水が悪くなる時間との兼ね合いもありますので自己責任ですね。ハト麦の方は2~3時間と製品には書いていますが個人的にはその時間じゃ全く味はでません。

淹れ方は水出しと書きましたが、味と香りをしっかり楽しむならこれ一択。手早く飲みたいのなら、ポットに熱湯で淹れて粗熱が取れたら氷で冷やすって手もありますが、香りが飛び雑味が増えるのであまりお勧めはしません。

てか、挽いて無い丸麦なら昔ならではのやかんで煮出すのが美味いのでしょうが、パック麦茶では逆に味が飛びます。

てことで、長々と麦茶について語ってきましたが、所詮は道楽でもどうせなら美味いものを飲みたい、しかも麦茶は安いし実は味の違いが大きいしということで楽しい趣味です。

ではでは

作りが甘い

MX keys mini

以前もご紹介したlogicoolのkeyboard、MX keys miniなんですがね、打鍵感とかイルミネーションは良い感じだったのですが、決定的にダメな部分が部分が見えてきちゃいました。

これ

f:id:RYEMASH:20220312183349j:plain

裏側のゴムがいつの間にか無くなっていたのです。

使っていて、なんかグラつくなと思っていたのですが、裏を見るとなるほどねと。

この写真では修整した後なんですが、実際は左側手前のゴムがいつの間にか取れていて、それでグラついていたんです。応急処置として残っていた真ん中のゴムを左側に貼りなおしてバランスを取りました。

おそらくカバンの中に入れて持ち歩いているときに外れたのでしょうが、かなりの高価格帯のHMIかつモバイル前提としてのデバイスでこういうのは頂けないですね。

更に、手持ちの3M バンポンを真ん中に貼って使い勝手は問題無くなりましたが、こういう細かいところでメーカの質はでるものです。

logiは価格なりの良さがあると思ってたのにがっかりという一面でした。

てことで

ではでは

スムースな2杯

流行りなのかな

本日ご紹介のビールはたまたまスムースだねぇ、という感想がかぶった2杯。味の方向性はちょっと違います。

まずは大御所のこちらから。

f:id:RYEMASH:20220312163021j:plain

Firestone walkerのMind Haze citrus sycloneです。

正直なところ飲み始めはIPAとしては苦みが控えめ、シトラスサイクロンというほどには果実味も控えめで、うーん美味しいけど飲み易いだけのIPAかなという感想だったのですが、飲み進めるととにかく雑味が全くないことに気が付きました。

スッキリとした味わいのIPAは色々ありますが、ここまで雑味が無いというのは特筆もの。さすがの老舗の技だねぇという感じです。

ちなみにFirestoneってタイヤのFirestoneとなんか関係あるのかなと思って調べたら、タイヤFirestoneの曾孫さんらしいですね。

続いてもう一杯。

f:id:RYEMASH:20220312165330j:plain

AlmanacのLoud! Hazy DIPAです。

こちらも同じように苦み控えめ、スッキリ系のIPA。トロピカルとは書いていますが、上述のFirestoneに比べると少し青草系の味わいです。同じように美味い。

しかしこうスッキリ系が続くと、敢えて喉に引っかかるようなゴリゴリの苦みのあるIPAも飲みたいなと、天邪鬼な私は思うわけです。

Jack Hammerとかね。

てことで

ではでは

名前はヤバイ

でも安心ですよ

少し久しぶりのビールご紹介です。

なんかスタウトとかポーターに嵌まってましたが、今回は純粋IPA。こちらです。

f:id:RYEMASH:20220302170425j:plain

Thornbridgeのハルシオン

別にヤバくは無いのですが、酒とハルシオンはダメだよね。

味はバラストポイントのスカルピン。かつそのバリエーションであるグレープフルーツの苦さとかアロハのトロピカル感とか、良いとこどりをしたイメージ。

なんかこういう書き方をすると、真似じゃんと思われるかもしれないですが、そもそもスカルピンに近づくだけでも大変だろうし、そっから美味いところを持って行って、てのは凄いなという感想。

後発が奇をてらうのも面白いですが、こうやってベーシックに挑戦するのも面白いなと。

てことで

ではでは

飲み方は自由でも

王道は王道

酒は嗜好品、なので飲み方も人それぞれ好きなように飲めばいいと思っております。

私自身バーボン麦茶だったり、柚子ソーダにしたりと好きなように飲んでいるのですが、やはり王道は王道として美味いなぁというのが今回のお話。

f:id:RYEMASH:20220208164323j:plain

定番酒ともいえるターキー8年 101proof。

ソーダだろうが、麦茶だろうがどんな混ぜ物をしても元の味が壊れないのがターキーの良さではありますが、今回はシンプルにストレートを香りの立ちやすいグラスで頂きます。

いや、美味い。

開けてから少し時間を置いているので、独特のセメダイン香も甘さに変わり始め、味の濃さと良いバランスになってます。

ゆっくり、ゆっくりと味わうのが良いですね。

最近バーボンは麦茶割りが多かったのですが、これがあまりにも飲み易すぎるというか、体に合うというかで、日本酒4合瓶を開けた後なのに750ml 1本空けられるくらい飲めるんです、翌日の二日酔いも無し。

ただ、こんな飲み方をしてたらどう考えても体に悪いってことで、王道回帰したという理由もあります。ま、ストレートで1本空けちゃったら何の意味も無いのですが、さすがにストレートでは酔いが回るので無理でしょう。

てことで、美味さを語るつもりが、結局体調の話しになるのは歳だね。

ではでは