RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

冬向けかな

の一本 先日バーに行き新しく入ったバイトの方と話していると、竹雀という酒が好きと聞きました。 名前は聞いたことがありますが、たぶん吞んだことは無いかなということで今回トライです。 こちら 竹雀の山廃純米。おそらく蔵の味を代表してるのではないか…

北海道の酒

遡って 先日北海道の二世古を呑んだ話を書きましたが、この夏にも北海道の酒を飲んでいたのでそちらをご紹介。 十勝 純米です。 これも私が思い描いていた北海道の酒とは違い、水の美味さが引き立つ味わいで甘さと苦みがバランスよく醸されています。 なんと…

2000円台のブルゴーニュ その4

正統で新しい 本日ご紹介のブルゴーニュは久しぶりの正統派ピノ。2948円(税込み)とタイトルに反していません。 こちら ブルゴーニュ コート・ドール 2018 ドメーヌ・ラフージュです。 2018年にしては若々しい香り。タンニンも控えめで甘さが強めの果実感たっ…

初冬の味わい

やっぱりひやおろし またひやおろしかいという突っ込みが来そうですが、前の記事の酒は10月半ば、今回ご紹介する酒は11月に入ってから飲んだということで初冬です。 こちら 北海道、ニ世古酒造のニ世古秋あがりです。酒器は冬に合わせて雪のように白いガラス…

秋の味わい

ひやおろし 秋も深まってきたこの季節、味わうのはやはりひやおろしです。 といいつつ、まずはビールから。 BeachwoodのLBC IPAです。ラベルに書いてあるまんまです。 青草系でHopの苦みしっかりというお手本のIPAです。アルコールも高めでスッキリとした味…

ビンテージに酔った夜

外のみの醍醐味 やはり家で自分で手に入れられる酒には限界があるし、貴重な酒なら誰かと感想を交わしながら飲みたいのです。 ならばバーということで、一期一会で出会った酒をご紹介。 まずはこちら。 マディラ酒です。 ちょっと見難いので、こちらをどうぞ…

再生環境あれこれ

ストリーミングとかプレイヤーとか これまでストリーミング系音楽アプリは非可逆圧縮音源で音がいまいちな印象があって敬遠していたのですが、BGM的に音楽を流すなら自分で持っている楽曲以外も聴きたいし、それで新たなアーティストを好きになったりとかあ…

定番で美味い

2本 遡りながら酒の紹介をするシリーズ。今回は22/8/30です。年まで書いたのは去年まで遡る可能性があるから。 この日はビールからの日本酒と私の中の王道を行ったみたいで、まずはこちら。 定番Left handのIPA。過去にもご紹介したかもしれませんが、The IP…

ノイズはわからん

オカルトじゃなく アンプを刷新して、さぁこれでストレスなく音楽三昧だぜと思っていたのですが、思いもよらぬところで問題が出てきました。 ポップノイズです。Luxmanアンプでインプットセレクタを操作すると、ポンッっていうノイズが出るのです。 バチッと…

2000円台のブルゴーニュ その3

タイトル詐欺 良い音楽を聴くと酒が進むのですが、今回は2本とも色んな意味でタイトル詐欺です。 まずはこちら。 まずイタリアワインということでフランスすらブルゴーニュでもない。でも2000円台ってことでギリ許してほしい一本。 イタリア、カンティーナ・…

無音の世界

連鎖する欲望 分かってはいたのですが、audio機器を一つ新しくすると周辺機器も気になってくるのです。 今回第一に気になったのはPC。 以前所有していた千数百枚のCDをすべてPCに取り込み、さらにハイレゾ音源等もちょこちょこダウンロードしていましたので…

何故Luxman?

しかも505 前回何故2chアンプに替えたのかを書きましたが、今回は何故Luxmanのこの機種なのかというお話です。 結論から言いますと、 Luxmanアンプの音と見た目が好きだから。 これだけです。 さすがにこれだけじゃああんまりですので、無理やり理由を考える…

何故今アナログ2chアンプ?

記憶音 先日ご紹介したL-505uxIIについてのお話。何を書こうかと考えてると様々な思いが浮かんできて収集が付かないので、まずは何故既存のAVアンプから2chアナログアンプに替えたのかという点からです。 幾つか理由はあるのですが、こちら。 現状inputして…

ロマンのかたまり

アンプ購入 今更pure audioなんてニッチな世界ですが購入してしまいました。 こちら LUXMAN L-505uXIIです。 6月に購入依頼をして、つい先日届きました。LUXMANは以前にL-507S2を使っていたので人生2度目の出会いになります。 デジタル受けは全くなく、純粋…

2000円台のブルゴーニュ その2

変化球 掲題のその1を挙げてからしばらく経ってしまいましたが、その2にして変化球です。 こちら ボジョレーです。シャトーカンボンの2019。ドメーヌ マルセル ラピエール。ブルゴーニュワインであることは間違いないのでタイトル詐欺ではありません。 どう…

カオスなラベル

味は素直 久しぶりの王道ルートでビールから日本酒へ。この一本で日本酒の冷蔵庫備蓄は無くなりました。また仕入れないと。 こちらです。 文字の多さとウネウネしたラベルでカオスなことになってますが、栄光富士のMAGMA、原始乃胎動、純米大吟醸です。 ラベ…

原材料に特徴のあるビール

国内外2本 最近ちょっとだけビールから離れていたのですが、離れていた分美味さもひとしお。そんな中、本日は少し変わったビールをご紹介。 まずはこちら ラベルでは何と書いてあるか良く分からないのですが、STILLWATER ARTISANALのPixacaoというIPAです。 …

2000円台のブルゴーニュ その1

値段逆転 数年前からブルゴーニュワインの値段が急騰した関係でジュラとかサヴォアとか比較的マイナーな地域のワインを愛飲していたのですが、最近何故かジュラのワインが値上がりし逆にお手頃値段で美味いブルゴーニュが増えてる気がします。 円安や流通問…

地元のビール

ネタなのかガチなのか 1ヶ月ほど前の話しになりますがGW久々に帰省し、これもまた久々に自分用のお土産を買ってきました。在宅なんで会社用のお土産は必要ないのです。 それがこちら 網走ビールです。こちらは流氷DRAFT。 存在は昔から知っていたし、青い色…

夏には遠いですが

麦茶のおはなし これまで緑茶やほうじ茶、ルイボスなど様々なお茶を水出しでポットに淹れてきましたが、この半年ほどは麦茶になってます。これまでもバーボンの割材として時々話題には出してましたね。 その麦茶も種類、メーカによってかなり味の差はあるも…

作りが甘い

MX keys mini 以前もご紹介したlogicoolのkeyboard、MX keys miniなんですがね、打鍵感とかイルミネーションは良い感じだったのですが、決定的にダメな部分が部分が見えてきちゃいました。 これ 裏側のゴムがいつの間にか無くなっていたのです。 使っていて…

スムースな2杯

流行りなのかな 本日ご紹介のビールはたまたまスムースだねぇ、という感想がかぶった2杯。味の方向性はちょっと違います。 まずは大御所のこちらから。 Firestone walkerのMind Haze citrus sycloneです。 正直なところ飲み始めはIPAとしては苦みが控えめ、…

名前はヤバイ

でも安心ですよ 少し久しぶりのビールご紹介です。 なんかスタウトとかポーターに嵌まってましたが、今回は純粋IPA。こちらです。 Thornbridgeのハルシオン。 別にヤバくは無いのですが、酒とハルシオンはダメだよね。 味はバラストポイントのスカルピン。か…

飲み方は自由でも

王道は王道 酒は嗜好品、なので飲み方も人それぞれ好きなように飲めばいいと思っております。 私自身バーボン麦茶だったり、柚子ソーダにしたりと好きなように飲んでいるのですが、やはり王道は王道として美味いなぁというのが今回のお話。 定番酒ともいえる…

本日のメイン酒

冷蔵庫整理とも言う 最近、冷蔵庫に置きっぱなしの酒を片付けて、と言うといい方が悪いですが、まぁその通りで新しい酒を迎えるために貯蔵していた酒を放出しておりまして、ラストがこちらです。 秋田、奥田酒造店の千代緑 No.12です。 純米大吟醸ですが、香…

正一合

それだけで評価高 閑話休題として、以前に訪問した新しい日本酒の店のお話。 オミクロンがこんな状況になる前の1月上旬、ようやく外飲みもできるかと以前から目を付けていた店に行ってみました。ちなみに客はスタートエンドで私一人のみ。といってもお店のス…

爽やかな天気

さっきまでは 現時点でだいぶん厚い雲がかかっていますが、先ほどまでは爽やかな晴れ空だったこともあり、こりゃ休日の昼間から飲むのはこれだろうと選んだ酒はこちら。 以前も飲んだ、Hills Ciderの別商品Tropical sourです。 原材料に使われてるリンゴは相…

いづみ橋祭り

勝手に開催 先日ワインを飲んでから、なんとなく気分が醸造酒になってきましたので、本日は日本酒、いづみ橋三昧です。二昧ですが。 まずはこちら。 とんぼ8号です。合わせたのは一番好きな備前の杯。 いつものキレよりコクを感じる味わいで、香りに微かなナ…

つなぎのコーヒー

という名のビール 先ほどのワイン写真ですがグラスが汚いねぇ。言い訳ではないですが肉眼では別に汚れてはいないのです。が明るい光の元で撮影すると目立つんですよね、光の方向とかを変えれば目立たなくすることもできるのですが、そうすると全体の明るさが…

ブルゴーニュのピノ

何年ぶりだろう 本日は久しぶりにワインです。近頃はジュラ・サヴォア近辺のモノばかり飲んでましたが、今回は王道ブルゴーニュのピノです。 こちら ミッシェル・サラザンのジヴリー レ・テップ 2017です。 正直なところ何時何でこのワインを購入したのかは…