読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

帰ってきたBE6i

イヤホン Audio
生まれ変わって

先月から修理に出していたBE6iが戻ってきました。

f:id:RYEMASH:20161010202103j:plain

でも修理完了ではありません。

f:id:RYEMASH:20161010202201j:plain

障害が再現できなかったので、新品交換です。

症状的には左の音が小さくなったというものでした。この症状が出た時にまず疑ったのは自分の耳です。

それなりの歳ですし、疑うのはまずそこからなのです。

で、左右逆に付けてみると、やはり、反対側に定位しました。これで、耳の問題では無いなと。

更に、他のプレイヤーで試してみても同じ症状でしたので、これはイヤホン側の問題だなと修理に出したわけです。

ただ、イヤホンは障害の再現性が無いことが結構あるのです。以前にSE535SEを修理に出した時もそうでしたし。

ちなみに、今回おかしくなった原因には心当たりがありました。

あるとき、チップがちょっと汗で濡れていて、更になんかしらの条件で耳道との密閉度が強くなっていたのです。その状態で、ユニットを耳からグイッと引き抜いたときに、耳道内の空気圧で、ものすごい力が加わったのです。

自分の鼓膜が破れるかと思う程の力でしたので、ユニット側にもかなりの力が入ったはず。

で、次の日の朝に使ってみると、左がダメになっていたという次第なんです。

例の穴があるので、完全な密閉型では無いのですが、急激に抜くと負担がかかるのですね。

てな訳で新品になってしまったBE6i。新品ならではの高音シャリシャリ、低音モッサリに戻りましたが、ここからまた育てていきましょう。

てことで

ではでは