読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

影響される夜

ビール
つい一本

風呂上りに、他の方のビールブログを見るとつい飲みたくなってしまいました。

開けたのはこちら。

f:id:RYEMASH:20170312000439j:plain

正直買っては見たものの、開け時を逸していた一本。

BrewdogのAbstrakt AB:21です。アブストラクトシリーズの第21弾でインペリアルスタウト、アルコールは12%とちょっとしたワイン並み。

開け時を逸していた一番の理由は原材料。

f:id:RYEMASH:20170312001009j:plain

ブラックカラント(カシス)は良いとして、リコリスってのが、どうにもサルミアッキを思い出して怖かったのです。

ボトルは長期熟成にも耐えられるようにと、レッドトップの様に封印がされています。

f:id:RYEMASH:20170312001319j:plain

実際賞味期限は2026/8/31と10年後まで設定されています。でもこの封って開けるときにバラバラに散らばったり、欠片がグラスに入ったりと、結構厄介なんですよね。

さて、長々と説明してきましたが、肝心のお味。

f:id:RYEMASH:20170312001621j:plain

黒バックにスタウトだと何が写っているか全然わかりません。

インペリアルスタウトにしてはロースト感は少なく、意外にライトな印象。カシスの酸味と香りが効いているせいもあるのでしょう。

懸案のリコリスですが、これもそんなに主張しておらず、スタウトに良い甘みを加えています。といいますか、サルミアッキの味のヤバさはリコリスでは無く、塩化アンモニウムですね。

アルコールの高さと、酸味、甘み、苦みという要素で考えると、ちょっと開けるのが早かったかも。10年後にどうなるかは分かりませんが、これらの味が上手く熟成し混ざり合った味も飲んでみたくなる一本です。スモールバッチなので、これから手に入るかは分かりませんが、もし見つけたら買って放っておきましょう。

てことで

ではでは