RYEMASHの日記

がんがん使って、しっかりお手入れ

ジン

今夜はジンバック

もどき 忙しいと言いつつ飲む毎日。今夜はジンバックもどきです。 ジンとジンジャーエールですがレモンを入れていないのでもどきです。 実のところバーでジントニックやジンバックを頼む際にも、ライムやレモンの果汁を絞るとそっちの味が強くなりすぎるので…

これもジン

なのか? 以前、桜尾ジンをご紹介しましたが、本日もJapanese Ginなのか? 不二才や晴耕雨読といった焼酎でお馴染み、佐多宗二商店のAKAYANE CRAFT SPIRITS ジュニパーベリーです。 このCRAFT SPIRITSの特徴はボタニカルを一種類だけ使うというところで、こ…

カビとの闘いの日々

ジンを飲みながら 昨日ちょっとだけ触れた洗濯機のカビですが、何となく取り切れていない気がしましたので、本日リベンジです。 本日使用したのはこちら。 先日は即効性を期待してアリエールの酵素系、漬け置き無しの洗浄剤を使ったのですが、イマイチの効果…

このまま根付くか

Japanese GIN 日本製のジンと言えば、季の美とかROKU、カフェジンのようにジンとしては結構高級路線だったり、多少お手頃でもKOZUEの様に奇をてらったボタニカルを入れたモノが多い印象でした。 まずは日本産ジンの特徴を出すという意味ではありなのでしょう…

連休中日の夜は

雑談タイム 昼寝して寝付けないので、久し振りの寝酒のジンを飲んでるだけなのですが。ちょっと趣向を変えて、今回は土物の器で飲んでみます。 本当は多孔質の焼き締めで飲むと味も変わりそうなのですが、味と香りが染み込んでしまいそうですので、今回は近…

もう少しだけ

一合くらいなら なんて思って、いづみ橋を空けた後に冷蔵庫を覗いたのですが、日本酒のストックが切れている。正確には一本あったのですが、発泡なので、開けたら呑み切らなくてはならない。 それはさすがに無理。いや無理じゃないけど、社会的にまずいこと…

2017年酒まとめ その1

Gin編 昨年末も行いましたが、今年の酒纏めです。 まずは、8月~11月くらいまで、妙にマイブームとなったジンから。 ざっと数えて13種類。この他にバーでmonkeyやバスタブなんかも飲んでいますので、15種類くらいでしょうか。 この中で一番リピートしたのは…

バー

落ち着くねぇ 先日、久しぶりの外飲みでバーです。 敢えて数キロ歩いて行って、一杯目はやはりこちら。 ビールからです。見たことの無いBallast pointのFathom IPA。 スカルピン程の苦さは無く、スッキリ飲める一本です。 続いてやはりビール。 Spey's Hoppe…

グイグイ来る

プレミアム感 さて、ある程嗜好が見えてきたジンですが、やはりまだまだ飲んでないモノが多い。かつクラフトジンの定番を飲んでなかったなということで、今宵はこちらです。 THE BOTANIST。アイラのプレミアムジンです。 元々そんなにジンに詳しくない私でも…

自分なりの定番が見えてきた

ジン 急に嵌ったジンですが、自分なりに定番が決まってきました。 ある程度手に入りやすく、トニックでもショットでも美味いものとして、こちらです。 一つはHendrick's。 トニックでライムやレモンを入れなくても爽やかさがあるし、ショットでももちろん美…

酒器の振り返りと

中華小皿理論 意味が分からんタイトルですが一つずつ。 気が付くと酒器の数もずいぶん増えましたが、そもそも酒器集めに嵌った原因が幾つかあるのです。 今回はそのうちの一つ。 能作のはなしべです。 収集の最初期。2年ほど前に買った最初の金属器のはず。 …

日本Gin

ダジャレでは無い。 断固無い。 おいといて、日本製のクラフトジンってのがかなり流行っているのは知っていたのですが、如何せんお高い。 ですが、本日出張帰りの酒屋で見かけたこちらは3000円以下の比較的お手軽ってことで、試しに購入してみました。 KOZUE…

ステイタス全回復しそうな

輝き ジントニック好きな方に聞くと、コレを勧められることが多いのです。 タンカレーのNo10です。 バーではもちろん飲んだことはあるのですが、そもそもジントニックは喉を潤すために飲むという扱いでしたので、あんまり味は気にして無かったのです。 改め…

色の相性

結構当たる 今夜も寝酒はジンなのですが、前回ご紹介したkyroのkoskue。 色付きで優しい味わいなので、トニック向きでは無いかなと書きましたが、一本だけ残っていた、これも珍しい色付きのトニックBTWがありましたので、色合わせということで作ってみました…

趣味ってなんだろねと

ジンを飲みつつ いや以前撮った写真を見つつ、たまにはしみじみと。 kyroのkoskue。ジンでは珍しい色付きです。ホワイトオーク樽に寝かせたモノらしいです。 味わいは優しく、トニックには勿体ない。でもkyroならNapueの方がインパクトがあっていいかな。 な…

備忘録としてのジン

酒器も久しぶり 本当はもう少し前のジン写真もあるのですが、酒器メインということでこちらをご紹介。 かなり前に購入したモノのなかなか使う機会が無かったRed and whiteの銅器です。 酒はプリマス。説明の必要もないでしょうてことで、今回は酒器メイン。 …

氷無しも美味い

トニック もう、沼にはまったことに対し何の言い訳もしません。美味しいと思えるものが増えたという前向きな方向性で。 と、前置きをしたうえで今宵の寝酒はこちら。 Blackwoods Gin、Scotlandです。 これまで何種類か飲んできましたが、本当一本毎に味が違…

ひざまで

沈んでる 何故ならそこに沼があるから。と、言い訳がましく書き始めましたが、着実にジン沼にはまっているようです。 昨日も飲んでいたはずなんだけどなぁ。でも明日は休みだし。 こちら ヘンドリックスです。 最初はトニックを入れずに飲んでみたのですが、…

王道とは

普通なのか 本日のジントニック。王道であり普通の組み合わせです。 こちら ボンベイとカナダドライのトニック。 うん、なんというかジントニックですね。何かこう、どこぞの美食家が本物のジントニックを飲ませてやろうなんて言ってきそうです。 でも、これ…

寝酒のGIN

夜明けのMEW すいません、思い出しただけのサブタイです。 そろそろ寝るかねっというところで、少しだけ寝酒を。 GIN,NAPUEです。 水っぽくすると美味しくないので、冷凍庫で冷やし、更に酒器に熱伝導率の高い銅を使うことで、温度を上げやすくしています。…

それはさておき

酒噺 昨日から妙にアクセス数が増えてるなと思ったら、RRSを扱う銀一さんでMKⅡ用プレートの販売が始まったのですね。で、ググるとここに来られるようです。とりあえず感想だけ書きますと、Capture proを使う場合と手が大きくて小指までグリップしたい方には…

最近のお気に入り

こればかり 本当にこればかりになるのですが、今夜もジントニック。 代わり映えはしないのですが、地味にジンを変えてみました。 ビクトリアンバットのシングルカスクです。 ジュニパーの強さはノーマルのバットと変わらない感じですが、度数が上がった分だ…

真面目なジントニック

バカとの対比でね どうやら今日の花火大会は中止になったようです。今はやんでますがアメッシュを見るとまたゲリラが来そうなのでしょうがないのでしょう。 それはともかく、ジントニックです。 本日はこちらから。 トニックをFever tree、ジンをビクトリア…

トニック

ここにも沼か 最近登場機会の多い強炭酸の流れで、他の割材も試してみようかとちょっと探してみました。 今回の目的はトニック。 ゴチャゴチャ語る前にこちらです。 ロンドンのバーモンジートニック。 最高のジントニックを求めて作られたトニックだそうで、…